深谷隆司の言いたい放題第725回

 「自民党しっかりしろ!」


都議会選挙、今日(71日)最終日を迎えた。私は台東区いずみひろし、文京区なかや文孝、中央区石島ひでき候補を支え、精一杯応援してきた。家内に「選挙になると若く元気になりますね」と言われたが、9月で82歳という高齢なのに、朝から晩まで駆けずり回り、まさに獅子奮迅の働きで全軍率いてきた。

しかし、自民党国会サイドの失言やスキャンダルが連日報道され、真剣に人生かけて頑張る自民党候補者達の足を引っ張る有様に怒りを覚える。思わず幹部に連絡し、「いい加減にしてくれ、緊張感に欠けている、もっと謙虚であれ!」とやかましく叱った。

台東区のいずみひろしは、辻代議士、服部区長、10人の区議、自民党総支部役員はじめ各種団体などの熱烈な応援体制に守られ、着実な運動を展開してきた。保坂親子が長年世話になった自民党への恩義も忘れ、自ら離党し(後に除名)勝ちたいために小池ブームとやらにすがって、都民ファーストの会公認で出馬している。去るものは追わずだ。こちらは堂々の政策論議で、都政は如何にあるべきか、台東区の為に何をするのかを訴え続けている。この団結と熱烈ないずみ候補の気迫をもってすれば、必ず勝てると、今朝も8時からの選対会議で私は檄を飛ばした。

文京区は私の秘書を25年勤めて、最後は通産大臣秘書官も勤めた若きベテランなかや文孝だ。成澤区長、9人の区議、そして辻代議士、各種団体、後援会と強力な体制で着実に選挙戦を進めて来た。ここは共産党も強く、都議も出していた。共産党は近年変質したように民主的な仮面をかぶっているが共産党は共産党で、中国や北朝鮮のような思想に変わりはない。自民党なかや都議は地元と都のためにしっかり尽くしてきた。ここには絶対負けてはならないのだ。

26日には、一切の応援に出なかった安倍総理が、なかや候補の駒本小の演説会に初めて駆けつけてくれた。マスコミ人も満員、会場を埋めた聴衆は感動一入であった。

28日には安倍総理が田原小に駆けつけてくれた。さすが総理、会場に入りきれないほどの超満員で、しかも普段決して演説会には来られない親子連れなども多く、口々に「良かった。必ずいずみさんを支える」と誓ってくれた。

中央区の石島ひでき候補は区議を何期も勤めたベテランだ。祖父の故三郎氏は私と都議会時代の同僚であった。三田支部長、13人の区議、矢田区長、辻代議士が支え、何よりも強固な連合町会がしっかりついている。

ここの最大の強敵は都民ファーストの女性候補である。区議を2年しか経験してない人だ。そもそも都民ファーストの会は推薦候補まで入れると60人をこえるが8割が全くの素人集団、政策も全て小池知事まかせで、都政にかける自主的な思いや志はほとんどない。ブーム便乗であわよくば議員になろうとする人に人材はいない。かつて小沢チルドレン、橋下チルドレンなどと言われた人のほとんどが、期待はずれと有権者から見放され消えているのが実際だ。

中央区は1人区、常に自民党都議が続いてきた。この伝統的保守王国の地盤は断固守りぬいていかねばならない。私も中央区をくまなく石島支援で獅子吼した。


どの区も自民党候補は着実な運動を展開し、本来ならほとんど心配は要らない筈なのだが、冒頭申したように、一部国会議員たちの不愉快な言動がどう響くか、そのことが唯一懸念される。都議会選挙とは全く別のことで、都議候補には何の責任もない。どうかそのことを分かって欲しいと祈りたい思いだ。

明日(72日)は投票日、人事を尽くして天命を待つ、今私はそんな心境である。