第724回「都議選始まる、頑張って良き後輩を支える!」

 深谷隆司の言いたい放題第724回

 「都議選始まる、頑張って良き後輩を支える!」


23日、いよいよ都議会議員選挙が始まった。72日投票日まで熱戦が続く。

まず事務所開きの皮切りは中央区の「石島ひでき候補」、10時に本願寺横の事務所に着くと大変な数の報道陣と応援者が集まっていた。ここは1人区だから都民ファーストとの直接対決の場でまさに注目区なのだ。

私は築地市場についての小池知事の欺瞞性を強く訴えた。実際は豊洲移転なのに、移転反対の人々に考慮して、5年後には築地市場を再開発し、帰りたい人には帰って貰うと言う。市場は2つも必要ないことは自明だし、財政上の問題の説明は一切無い。築地市場は売却して6千億円の豊洲市場建設費に当てる筈が、築地市場を再開発するとなれば、又同じような莫大な費用がかかる。財政問題には全く触れない。

築地の業者達は昨年11月の開始を信じて事前準備で大変な出費をしていた。5年後戻れば又同じような費用がかかる。そんなことが出来る訳もない。第一、5年後まで小池さんは居るのか。一方で国政に臨むといわれているが・・・。

今度の提案に、賛成派も反対派も、共に驚き、困惑し、怒りさえ覚えている。

「地元の声を聞き、しっかり対応できるのは自民党の石島候補以外に居ない」、これが私の主張である。

11時からは台東区のいずみひろし候補の事務所開きだ。浅草寺のご好意で開いた事務所前には、炎天下3百人もの応援者が集まっていた。ここは、保坂親子が自民党を離党(既に自民党から除名処分されている)して都民ファーストの会から出る。民進党離党組の中山候補も都民ファーストの会推薦だ。

小池人気を当て込んで、世話になった政党から逃げ出すのは筋の通らない卑怯な振る舞いだが、今までにも似たようなケースはあった。しかし、そんな人達の末路は哀れだ。

民主党の代表代行の小沢一郎人気にあずかろうとして当選した数は143人、今生き残っているのはたった11人だ。橋下大阪維新の会代表の下で出た府議28人の内残っているのは15人、河村たかし減税日本代表の下、名古屋市議当選者27人、今6人だ。チルドレンと呼ばれる風頼りの候補者はうたかたのように消え、何の役にもたたないのだ。こんな連中に政治を委ねることは絶対に出来ない。いずみ君の政治にかける一途な思いと実力をわかって欲しいと私は獅子吼した。服部区長も夫婦揃って熱心に応援している。

12時からは私の大臣秘書官なども勤めたベテラン、なかや文孝候補の応援に行った。事務所横の文京区民センター前には大変な数の応援者が勢ぞろいしていた。どのお顔も長年私を支えて下さったなつかしい方ばかりで思わず胸が熱くなる。

ここは共産党も強い。最近は民主主義の仮面をかぶり、庶民ぶりをアピールしているが、革命政党に変わりはない。危険な共産党国家中国や北朝鮮を考えればここで負けるわけには行かない。成澤区長も駆けつけて、文京区にとって絶対必要な都議と、その実績を訴えて熱弁をふるってくれた。

各地域の区議会議員のみんなも真剣勝負で誠実に頑張っている。私の後継者辻清人代議士も頼もしい。皆が子弟コンビと呼んでいるようだが、最後まで必死に応援を続けていくつもりだ。

このところ少し体調を崩していたが、同行している家内や子や孫達曰く「選挙になると体は絶好調になりますね」。不思議に「本当」のことなのだ。

さあ、これから夜の演説会に出発だ。政治が少しでも良くなり、多くの人が喜ぶよう、老体に鞭打って頑張る覚悟なのである。