深谷隆司の言いたい放題第717回

 「連休前半」


4月後半は東京都議会議員台東区和泉ひろし君や文京区中屋文孝君の選対会議等が続き、更に辻清人代議士の中央区後援会大会もあって慌しかった。

623日から始まる都議選挙(72日投開票)で、都民ファーストの会が公認候補の擁立や推薦候補の決定を急ぎ、過半数に膨張する勢いとかで、自民党にとっても緊張感溢れる日々となっている。

次々と他党系まで取り込んで、知事のワンマン体制を作ろうとしているようだが、国会ではあるまいし、一体、独裁体制を何のために作るのか、私にはさっぱり分からない。都民ファーストの会の内部でも、理念がなく有権者に説明しにくいとの声も出ているようだ(朝日新聞52日)。

二元代表制の都政にあっては、都知事と都議会が対等な立場に立って議論し合い、牽制と協力の中から、健全な都民のための都政が実現されるのだ。小池ブームとやらに流されず、自信と誇りを持って自民党勢力維持のために私も頑張ろうと思っている。


連休前半の51日、家内と新潟を旅した。徳真会松村先生の新津診療所での講演と、今度この建物に飾る300号の黄龍を描く為の下見を兼ねてのことである。

講演では「縁」について話した。釈迦の、つまり仏教の根源をなす言葉に「因縁生起」というのがある。略して縁起だが、あらゆる因と縁が関係しあってあらゆる現象が起こる。何事も原因があって結果が出る、「因果」なのである。

一般に「この種を蒔いたら、この花が咲く」ということだが、時に咲かないことがある。

種がそのまま花を咲かせるものではない。土に肥料を与え、水をやり、適当な温度と太陽の光を与え、初めて芽を出し葉が茂って花が咲く、そして次の種が生まれるのだ。日光や気温、土や肥料や水などの種々の条件が揃わなければ花も咲かないし種も出来ない。

種を蒔くは絶対条件で「因」だが、こうした外的条件が「縁」なのである。

縁に恵まれたら、これをどう活かすかが大切で、若い人たちに、私自身の体験を通じて教えたかったのである。

年内に黄龍の絵を描くことを引き受けている。既に仙台の二箇所のデンタルクリニックに私が描いた「龍」と「虎」が掲額されている。中国古来の守り神に青龍、白虎、朱雀、玄武の四神があり、来年は朱雀と玄武を描く事になっている。

その前に徳真会発祥のこの場所に五神にあたる黄龍を依頼されたのである。たたみ八畳もの超大作に取り組むのだから嬉しいが、さて上手くいくのか不安。

無事都議選挙を乗り切った後、私は絵描き(画家)になる・・・。