第716回「緊張感」

 深谷隆司の言いたい放題第716回

 「緊張感」


今村復興大臣が辞任した。事実上の更迭だ。今月の4日の記者会見で記者の質問に突然切れて、「出て行きなさい」と怒鳴り顰蹙を買って謝罪した。相手はフリージャーナリストで、よくある挑発に乗ってしまったのだが、これでは大臣として、事にあたって冷静に対応などできる筈がない。今回は二階派の講演で、東日本大震災について「これは、まだ東北で、あっちの方だったからよかった。もっと首都圏に近かったりすると、莫大な甚大な被害にあったと思う」と述べた。後半の部分はともかく、前の部分は東北で苦労している人々への配慮がまったく無くて、復興大臣として失格である。

それにしても、最近、政治家の劣化が目立つ。今村復興相、山本地方創生担当相、務台内閣政務官・・・、しかも何故か高学歴、高キャリアが多い。重婚スキャンダルの中川経産政務官は私学出だが、こちらは政治家以前、人間性が問われる問題で話にならない。

はっきり言って、自民党一強のたるみ、緊張感の欠如ではないか。力のない野党も、ここを先途と攻撃しているが、北朝鮮の動きなど、持つべき緊張感は皆無である。

政治家よ、国家国民のために命を削ってつとめよ!と訴えたい思いである。


緊張感といえば、来るべき都議選挙に向け、自民党候補者は必死である。

25日、台東区の和泉ひろし都議が台東区民会館で選対会議を開いた。嬉しいことに、500人以上の人で会場は埋まった。かつてない盛り上がりで、危機感に溢れてすばらしかった。

私は次のような挨拶で獅子吼した。

「去年の補欠選挙で和泉君を出してよかった。彼は既に3回も質問に立ち、特に台東区に関わる問題をテーマに具体的な答えを引き出していた。

今、自民党台東総支部は充実している。辻代議士、和泉都議、服部区長、9人の区議がしっかり連携して成果を挙げている。これを持続させるために都議選挙は大事だ。

小池ブームとやらで自民党にとって逆風といわれるが、都民ファーストの候補者は自民党の公認もれや、民進党など選挙に弱い連中が多く、人材が集まっているとは思えない。

台東区でも長年自民党に世話になった保坂三蔵親子が離党届を出して鞍替えし、都民ファーストから出る。節操のない話でいずれ除名処分となるが、今後は一切自民党とは無縁、全く関係ない候補者であることを周知徹底させていこうと思う。

都政は二元代表制、都民から選ばれた知事と都議会議員が、丁々発止、都民のために議論し、いい政治を行うことが大事だ。自民党も謙虚に、しかし、自信と誇りをもって頑張らなければならない。ただ1人の自民党候補者いずみ君のためにみんなで頑張りましょう!」

和泉都議から熱誠溢れる挨拶があり、万雷の拍手となった。筋の通った話、感謝の心が満ち溢れていてすばらしかった。

67日、7時から浅草公会堂で2000人の決起集会を開く等を決めたが、こちらは終始良き緊張感につつまれていた。