第713回「元気一杯」

 深谷隆司の言いたい放題第713回

 「元気一杯」


 孫達にせがまれて、今年2度目のスキーの旅、325日、湯沢のNASPAニューオータニで2日間過ごした。天気は上々、初日は私も勿論スキーを楽しんだ。

若干足腰の衰えは感じるものの、颯爽と滑り降りる?81歳、おそらくゲレンデの最年長者であったに違いない。夜はワイン、地酒とピッチも上がった。

 さすがに翌日は疲れて、いかにも老人らしくマッサージと温泉、読書で静かに過ごしたが、夕食はホテルから出されたドンペリ等で痛飲、家内はスキーならぬウイスキーであった。

それにしても長年の馴染みとはいいもので、ホテル支配人以下の応対は満点だ。なにしろ私がホテル・ニューオータニと関わったのは紀尾井町のホテル建設前のことである。その頃はオータニ庭園で、27歳で区議会議員に当選した時はそこで祝賀会が催された。当時、創設者の大谷米太郎翁は健在で、上野精養軒で行われた私たちの結婚式にはご夫妻で参加されていた。ずいぶん長い人生を歩んだものだと改めて思った。

帰宅すると中曽根康弘先生の誕生会の御案内が届いていた。515日だが、なんと白寿の祝い! まだまだ歳をとったなどと言ってはいられない。


既に書いたが、この間、都連の朝の集まりで自民党都議の皆さんに檄を飛ばした。「小池知事の人気にたじろいではいけない、私が都議時代、最大人気の美濃部亮吉知事に果敢に挑戦し、美濃部キラーと言われたものだ。その勢いがあったから、やがて国会に躍り出ることが出来たのだ。都民ファーストの会で候補者を70人立てるといわれているが、そんなに人材を出すことは難しい。現に自民党公認漏れや、当選出来そうもない落ちこぼれが候補者になっているではないか。頑張っているあなた達が負けるわけがない」。翌日の毎日新聞に写真入で私のコメントが載っていた。

27日、都議会の各委員会で自民党都議の激しい質問が相次いだと報道されている。都民のために果敢に戦うことは大事なことだ。

「築地市場で新たな土壌汚染が発見され、老朽化も含めてもう限界、待ったなしの状態だ」「震度6強の地震に築地市場は耐えられるのか」「移転中断で業者のみならず多くの都民が困っている。補償やランニングコストで莫大な税金が失われている」・・・。

一問一答形式にたじろぎ、知事はいつもの厚顔ぶりが消えていたように見える。オリンピックの会場をめぐり新たな提案と称し大騒ぎさせたあげく全ては元のまま、百条委員会も成果無し、東京大改革の具体的提案は一体どうなったのか。「大山鳴動してねずみ一匹」、このままでは都政の停滞を招き、困るのは都民ではないか。

今月発売の「プレジデント」に私の記事が載っている。タイトルは都政大炎上「そろそろ流れが変わる頃だ」。

更に元気一杯で頑張らねば、と思っている。