第712回「思うこと」

 深谷隆司の言いたい放題第712回

 「思うこと」


321日、朝8時から自民党都連都議選への必勝を期しての会が開かれたが、最後に私はいつものように檄を飛ばす役割での挨拶を求められた。


「私はずいぶん長い間政治の世界で生きて来たが、自民党都議会議員候補激励のために、こんな早朝から二階幹事長はじめ、党幹部総出の姿は見たことがない。厳しい状況の中、党本部が挙げて支えようとの姿勢が嬉しく、まず感謝したい。

 過日の都議会での自民党議員の質問は立派であった。ともすると批判を恐れ小池知事に激しく追及することを避けようといった傾向があった。しかし、豊洲市場移転延期について正規の手続きもなく、都議会の承認も求めず、勝手に小池知事が決め、そのために業界人に大混乱と損失を与えたことは大問題である。補償や豊洲市場維持費など、膨大な資金が必要になっているが、これはすべて都民の負担となる。まさに小池知事の失政で、これを都民のために鋭く追及することは当然で、堂々の論陣を張ったことは本当に良かったと思う。

 かつて美濃部都政の時代があって、当時の知事の人気は大変なものであった。しかし、数多くの問題点があったから我々は連日追及の手を緩めなかった。私は美濃部キラーと言われたものだが、意外なことに、こうした果敢な姿が都民の大きな支持になって、やがて都議会議員が大挙して国政に参加するという状況になったのである。都民のためなら批判を恐れず追求していかなければならない。必ず都民は理解してくれる。

 「都民ファーストの会」で70人も候補者を立てるという。そんなに簡単に人材を集められるものではない。現に自民党の公認が得られなかった人や、選挙に弱い人が推薦されているではないか。そんな落ちこぼれと比べたら、自民党候補者の方がはるかに立派だ。懸命に努力をしている君たちの姿を見ると、妙な風とやらで苦労している姿が気の毒で胸が痛む。

 どうか頑張って欲しい。自信と誇りを持って、地を這うような戦いをして必ず勝って欲しい。君達なら勝てる。私も含めてみんなで全力を尽くすことを誓って挨拶とする」と語った。


幹事長代理の林幹雄代議士が「久しぶりに深谷節を聞いて涙が出た」と声をかけてくれた。和泉ひろし都議(台東区)、中屋文孝都議(文京区)が「感激しました。頑張ります」と涙ぐんでいた。

高木自民党都議会幹事長が、「525日の北区支部大会に是非来てください」。丁度この日は、九州の小林県議の息子の仲人で、私は九州旅行中だ。しかし、せっかくだから急遽、飛行機の時間を変更して行くことにした。

忙しい日々となりそうだが、それが私の若さの秘密、と思っている。