第711回「多事多端」

 深谷隆司の言いたい放題第711回

 「多事多端」


37日、TOKYO自民党政経塾の第11回生の卒業式を行った。146人の内、皆勤賞は49人、東京が中心だが中には新潟から通った人もいる。かつては現在の中山石垣市長のように沖縄から通った塾生もいた。

弁護士や大学教授、医者、公務員など職業も多種多様だが錚々たる顔ぶれだ。仕事で疲れている筈なのに誠実に学ぶ人たちを見ていると、あだやおろそかな対応はできないと、私や塾長代行小田全宏君もいつも真剣だった。

渋谷で行っている「温故知新塾」もそうだが、平均年齢は30代と若い人が多い。まさにこれからの日本を担っていく人々で、「育することを楽しむ」である。

1年間の流れの速さに驚きながら、惜別の情を抱き感慨無量の思いでみんなを送った。

これから次の塾生を募り、5月から12期の授業が始まる。100人の定員を常にオーバー、満員の盛況であったが、今度はどんな人達が来てくれるのか、今から楽しみである。


悲しいことも多い。312日、私の長年の応援者立田一雄氏の偲ぶ会が帝国ホテルで行われ、私が弔辞を読んだ。

江北高校、早稲田大学の先輩だが、昨年暮れ、奥さんに髪の手入れをしてもらっている時、その膝に倒れるようにして息を引き取ったという。享年88歳、私の6年上である。

過日は文京の橘高智光氏、台東の大林伸光氏等が亡くなったが、いずれも突然の逝去だった。吉田兼好が「死とは前方から近づいてくるものではなく、突然、後ろから肩をポンと叩くようにしてくるものだ」と書いていた。なるほどそうかも知れない。だから一層、日々を大切に送らねばならぬと改めて思っている。


国会は学校法人森友学園問題で混乱し、都議会は豊洲市場問題の百条委員会で揺れている。いずれも政治の本筋ではないが政治不信につながり、間違いなく自民党にとってはマイナスになる。

一連の動きは小池知事側に有利にはたらき、7月の都議会選挙にも大きく響く。既に週刊誌などが自民党不利の予測記事を出しているが、一生懸命努力している自民党候補者にとってはいい迷惑で、気の毒でならない。

波に乗って都民ファーストの会は多くの公認を出すようだが、今のところ聞こえてくるのは自民党公認が得られなかったり、民進党鞍替えの、いわば落ちこぼればかりである。こんな連中が続々当選したら、あの期待はずれだった民主党政権の二の舞になって必ず禍根を残すに違いない。

これから数ヶ月、私も信頼する同志のために獅子吼する決意である。