第706回「千代田区長選挙必勝を!」

 深谷隆司の言いたい放題第706回

 「千代田区長選挙必勝を!」


29日から区長選挙が始まった。わが党は与謝野馨元大臣の甥「よさのまこと候補」41歳を立てて当選を期している。

よさの候補はなんと私が塾長を勤めるTOKYO自民党政経塾の塾生で、私の元で学ぶ11期生である。昨年の熱海合宿にも参加しているが、初めて彼の出馬を知ったのは新年になってからであった。彼は真面目で静かな塾生で、人を押し分けて出てくるようなタイプでないだけに意外であった。

挨拶に来宅し、千代田区のために一身を捧げたいとの決意と真剣な思いを語ったが、この若者を育てることが私の勤めだと改めて強く思った。


彼は東大に2年在籍し、ケンブリッジ大学に進み卒業した俊才だ。東京、香港、パリなどで証券会社員として活躍しただけに、国際的感覚を持ち、英語、フランス語、ドイツ語を自由に駆使出来る。

ここが地盤の東京1区山田美樹代議士、私の後継者東京2区の辻清人代議士はいずれも塾生で私の教え子だが、共に語学が達者な人たちだ。これからの政治家は語学が達者で、相手と堂々と論陣を張れる人でなければ絶対に勤まらない。


12時からの出陣式には予想以上の人々が集まって道路を埋めた。マスコミ陣、カメラの放列で大変な騒ぎであった。

私も街宣車の上から教え子のために熱弁をふるった。終わると記者達が私を囲み次々に質問を浴びせてくる。そのほとんどが「代理戦争ではないか」というものばかりであった。「この選挙はあくまで千代田区を如何に発展させるか、その為にはどのような人が良いのかを選択してもらう選挙だ」と私は繰り返し強調した。この場面はテレビや新聞で度々報道されたが、是非多くの人に理解してもらいたいと思っている。

相手陣営は夏の都議選へ狙いをつけ、しきりに代理戦争をしかけ、これを煽るが、そんなことに惑わされてはならない。


よさの候補の第一声はすばらしく、私を感動させるものだった。「千代田区を次のステージに変えていくカジ取りを任せて欲しい。想像を超える素敵な変化になる。」と訴え、公約として「安心・安全な町」「国際化」「新旧文化の開花」をあげ、高齢者支援、区民が英語に親しめる環境整備、芸術やファッションの発信などに取り組むと具体的な政策を真摯に語った。


相手候補は5選目、多選で高齢だ。私が勇退した時の思いは「世代交代、若き有為な人材を今こそ政治の世界に送り込み、しっかり育てること」であった。

この選挙は厳しい。私はあらゆる努力を惜しまず、しっかり彼を支えていこうと思っている。1人でも多くの人にこの思いが届くようにと祈っている・・・。