深谷隆司の言いたい放題第702回

 「謹賀新年」


明けましておめでとうございます。新春を如何お過ごしでしょうか。まず貴方はじめご関係の皆様の本年のご多幸をお祈り申し上げます。

おかげさまで私は心身ともに健康で爽やかな新年を迎えることが出来ました。これも神仏のご加護の故とありがたく思っております。

私がこのように幸せなのはなによりもすばらしい家族に恵まれたからだと思います。

昨年暮れの28日からは23日で、松島センチュリーホテル、作並温泉一の坊ホテル泊の家族バス旅行を行いました。徳真会の松村先生のデンタルクリニックが仙台長町と愛子(あやし)にあり、その正面玄関には150号の私が描いた龍と虎の絵がそれぞれ掲額されています。今度の旅はこの絵を見る会でもありました。今回も松島の千葉夫妻が全ての段取りをはかってくれ、楽しい完璧な旅になりました。彼等とは、46年間続いた私の後援会旅行会で、たまたま彼の店「松かま」で昼食をとったのが縁で、以来、12年の深いつき合いとなったのです。

私の幸せは出会いとめぐり合いで多くの友人達に恵まれたことでもあります。今年もこうした得難い友人達との交流を大事にしたいと思っております。


さて、今年はどんな年になるのでしょうか。

私の仕事は、なんといっても若い人たちの育成が一番で、引き続いてTOKYO自民党政経塾、温故知新塾の塾長を務めます。政経塾は3月に11回生を送り出し12年目を迎えます。温故知新塾は2年目、117日が塾のスタートで、毎月月曜日6時から1時間半の講義を続けます。今年は「日本を支えた人々」をテーマに20数人の人物像とその背景を語ります。(渋谷区渋谷2-10-10、クオーツタワー10階、年会費3万円)、是非貴方もご参加されませんか。お申し込みは03-6431-9809です。

6月には私の著書「子どもに伝えたい 本当はすごい日本人(仮題)」を幻冬舎から出版します。これで11冊目になりますが今から楽しみです。

昨年、都議補欠選挙があり、和泉ひろし君を当選させましたが今年7月が本選挙、台東区の和泉ひろし君、文京区の中屋文孝君、中央区の公認候補となった石島ひでき君を是非当選させなければと思っています。昨年は都政問題でしばしばテレビで論陣を張りましたが、今度の選挙では小池派?候補が何人も出るようで都連最高顧問として全体の当選をはからなければなりません。しっかり頑張りますので是非応援をしてください。

今年も為すべき仕事が山積し、相変わらず多忙のようですが、それが私の励みにもなっています。勿論、みんなと痛飲することも忘れず、今年も大いに宴を張り、交友を深め、悔いなき人生を悠々と送る所存です。今年もよろしくご厚誼の程、心よりお願い申し上げ新春のご挨拶といたします。