深谷隆司の言いたい放題第700回

 「今年もあとわずか」


仙台の竹内廣さんからもご連絡を頂きましたが、このブログが今回で、第700回を迎えることが出来ました。

いつもご覧頂きありがとうございます。


15日、韓国の金雲龍先生ご夫妻とホテルニューオータニで会食した。昔、子ども達に空手を教えていた時代(40年以上前)、他流試合と称してかの国にわたり、テコンドーの世界総裁の彼と親友になった。

当時の彼はILOの副会長として君臨していて、私の依頼を受けて長野五輪実現にも力を貸してくれた。後にILOの会長選挙に立候補したのだが、ILOは白人世界、これが災いして、韓国内外で大批判となって国会議員現職のまま拘置所に入れられてしまった。家内と面会にも行ったが、あのときの状況は、まさに今の韓国の混乱と同じであった。

韓国では「出る釘は打たれる」で、今のように静かに暮らすのが一番ですと言っていた。「ようやく日韓関係がよくなりつつあったのに、政権が変わると又悪化する。それが残念です」とも・・・。なんとも困った国である。


17日、台東区谷中の加茂家のご子息の結婚式に主賓として呼ばれた。先代以来、40年以上にわたる応援者で良くして頂いたものである。花嫁さんは韓国人、「日韓関係は、個人個人の交流の中でしか育たない。是非夫婦仲良く、日韓の架け橋になっていただきたい」と挨拶した。


自民党都連の支部長・常任総務会で最高顧問の私は、「小池都知事側から来年の都議選挙で候補者を立てることは必定だが、恐れることはない。日頃から地元のために尽くしてきた我が党議員には多くの信頼が集まっている。足腰をしっかり鍛え、断じて勝って欲しい」と檄を飛ばした。テレビ等マスコミで、自民党のために強い姿勢で論陣を張ってきたが、どうやらこうして檄を飛ばすことが私の役目のようである。 


19日夜、坂上忍の番組(TBS)で「好きか嫌いか大激論」というのがあった。東大生が大勢出演していたが、小池政治塾について、「色々な塾に行ったが内容が最低でした」と実際に参加した女子東大生から厳しい批判の声が上がった。2億円に近い会費を集めながら、講義はたった6回、しかも豊島区や千代田の区長、5千万円貰ってクビになった元知事クラスの講師では不満続出は当然のことだ。玉石混交の塾生から候補者を立てるようだが、ただ出たいだけの「にわかづくりの候補者」がどれだけのものかと思うのは私一人ではあるまい。

この日は区役所で「参与の会」が開かれた。服部区長の依頼で私は台東区の参与だ。私が引き受けた条件は「無給であること、青山元副知事を加えること」であった。既に何回か開かれて数々の提案を行ってきたが、具体的に実践されていることも多い。私は元自治大臣、青山氏は元副知事、共に地方自治の専門家を自負している。愛する台東区のためにこうして働けることは嬉しい。


20日、自民党台東支部所属の区議会議員を集めてビューホテルで朝食会を開いた。辻代議士、和泉都議も出席して、まるで家族会のような親密な雰囲気で、本年の支部の締めくくりとなった。数々の選挙の度に皆一致して頑張ってくれ、大きな成果を挙げてきた。こんな素敵な連中と来年も一緒に働けるかと思うと本当に心楽しい。

今夜は中屋都議の後援会、また檄を飛ばしてくるか・・・