深谷隆司の言いたい放題第697回

 「京都のふれあい」


 娘恵理の「おもてなし教室」の京都での会で講演するために21日、家内も含めて3人の旅となった。

5日に護王神社130年祭で挨拶するために行ったばかりで、このところ京都に縁がある。

910分の「のぞみ」に乗ると、旅に出るという実感を得るために、いつものようにまずは乾杯となる。

 昼に基調講演を始め、後は「おばんざい」を頂きながらの(お酒も出て)トークショーだが、40人ほどの若い女性たちから活発な質問も出て楽しい雰囲気であった。「又聞かせて下さい」と皆さんから言われ、気分は満点であった。

 夜は「レストランよねむら」に、松村先生夫妻、高橋君も加わって痛飲、銀座にもある店だがご主人も出てきて味も愛想も上々であった。

  翌22日は、松下政経塾元塾頭上甲晃先生ご夫妻の案内で、「松下真々庵」を訪れた。ここは松下電器創業者松下幸之助翁がPHP研究のために建てた研究所である。第二次大戦後、日本の道義道徳は乱れ、人心荒廃はその極に達していた。これでよいのかとの疑問から、物心一如の繁栄をもたらすことによって真の幸福と繁栄を実現しようと、衆知を集め研究、実践する機関として設立したのがPHPであった。

研修所といっても桁違いに立派なものである。寄棟造りの建物、ロビーから見る東山を借景とした庭園、その奥の木立には南禅寺の三門も見える。琵琶湖から疎水を通じて水を引き入れた池には鯉が泳ぐ。  

地下には人間国宝の作品展示室もあって、軽妙洒脱な木下支配人の説明を聞きながら、時間のたつのも忘れた。

限られた人しか案内しないとのことであるが、あらためて松下翁の偉大さをみるような思いであった。94歳で逝去されたが、過日お会いした中曽根先生は98歳、この大先生達に私もあやかって、その歳まで生きたいものと思った。そう考えればまだまだ充分働ける筈なのである。夜は「萬重」で舌鼓を打った。

秋の京都は大変な観光客、ホテルなど超満員でなかなかとれない。どこへ行っても人人々で、特に外国人の観光客で溢れ、京都を満喫することは難しい。

それでも詩仙堂、曼殊院門跡などを回った。曼殊院では重要文化財「不動明王坐像」が特別公開されていた。火炎不動は私のお守り神、今後は非公開で二度と見られないと知って一層嬉しかった。

3日目は、松村先生ゆかりの中華料理店「星月夜」で昼食、町屋を改造した粋なつくり、味もなかなかで、勿論、しっかり飲んだ。

2012分の「のぞみ」で帰京となったが、「京都のふれあい」に満足し、少しばかり興奮も残っていて、あれこれ思い返し一睡もせずに過ごした。