第695回「自民党政経塾合宿」

 深谷隆司の言いたい放題第695回

 「自民党政経塾合宿」


 1112日、13日、熱海後楽園ホテルで第11TOKYO自民党政経塾恒例の合宿を行った。前日まで雨天で寒かったが、この日はからりと晴れ上がった暖かさ、まさに「晴れ男深谷」の面目躍如といった感じである。

塾生150人余、相変わらず熱心、真面目な姿に心打たれる。八木事務局長を中心とした事務局のメンバー、学生部のボランティア活動も含めて全てにわたって文句無し、司会は田端毅、鈴木隼人両代議士がつとめて一層充実したものとなった。

思えばこの合宿を始めた頃は私も70歳、今は81歳と馬齢を重ねた。今回、不覚にも部屋の段差で転んで桑原、高橋、和泉君ら付き人達?に心配をかけたが、回復力は昔と変わりなく、最後まで奮闘出来たことは幸いであった。

初日は石原伸晃経済再生担当大臣、丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック担当大臣、下村博文元文科大臣、翌日は平将明前内閣府副大臣の講義で、日本経済の行方、オリンピックの諸問題、教育論、地方創生など、時宜を得た内容の話が続いた。超多忙な萩生田光一官房副長官も駆けつけ、「深谷塾長の合宿に行かなかったら大変なことになる」と塾生達を笑わせた。

夜の大宴会には井上信治党副幹事長、中川雅治、朝日健太郎参議院議員、中屋文孝、和泉浩司都議会議員も加わって盛り上がる。

私は、まるで現役時代と同じようにワイン片手に全テーブルを回って親交を深めた。勿論食事をとる時間は無い。楽しみは二次会で、自然集合の30人あまりを相手に談論風発、ワインをかたむけた。

私の役目は2回に分けての訓話、第1回目に「花は半開を看、酒は微酔に飲む」と中国の言葉を紹介した。なんでも思い通りになり満ち足りた境遇になれば人は往々にして傲慢になる、それを戒めた言葉だ。

花は満開も悪くないが五分咲きの花に風情がある。「酒はほろ酔いが良い」という意味だが、「ほろ酔い加減は人それぞれ、私のほろ酔いはワイン2本ぐらい」と、夜の宴会を意識して念のため付け加えていた。

翌朝6時起床、早朝の海岸の広場に全員を集め、ラジオ体操、後は私の指導で発声練習、5分間スピーチと続く。折から朝日が昇り気分は爽快であった。

最後の訓話では荘子の言葉「窮を楽しみ、通を又楽しむ」を話した。窮は貧乏、通は金持ちと考えていい。これからの人生には、良いときも悪い時もある。それぞれの境遇に応じて人生をいかに楽しむかが大事だと、私の体験を含めて語ったのだ。

同じ日、小池知事が設立した「希望の塾」が都内のホールで2回目の講義を開き、猪瀬元知事が講演した。今後は橋下前大阪市長らも招くようだが、全部でわずか6回の授業だという。2,900人集めて1億円以上の収益、一体、何が目的かとマスコミもかまびすしい。

塾を運営する場合、もっとも大事なことは、主催者は「育することに真剣であること、そして忍耐強く継続していくこと」だと私は思っている。

一体、あとどのくらい教えられるのか・・・、つい自分の年齢を考えてしまう。しかし、今回の合宿のすばらしさを振り返り、「元気なうちは、ともかく頑張らなければ」と、新しい情熱が沸き起こってくるような心地になっているのである。