深谷隆司の言いたい放題第693回

 「TOKYO自民党政経塾」


 月が変わって1日、自民党政経塾は相変わらず盛況で170人あまりで満員だった。まじめな塾生が熱心な眼差しで話に耳を傾けてくれる。一番心が和む時で、そんな暮らしが嬉しくていつの間にか11年が経過した。

この人たちに少しでも自分の考えを伝えたいと、講義内容を事前にしっかり調べて、原稿も自らパソコンで打つ。孫の安希与がパワーポイントで決めてくれる。「温故知新塾」もそうだが、今ではこうした暮らしが私のライフワークとなっている。

1030日、小池塾が開講した。なんと2900人も集まったと話題を集め、1億円を越える資金がどう使われるのかとマスコミは喧しい。

2012年に橋下大阪市長が維新政治塾を作ったが、それと酷似しているようにも見える。あの時は全国300の衆議院小選挙区に候補者を立てようとしたといわれ、事実、いわゆる橋下チルドレンが生まれたが、議員になった人の評判はすこぶる悪い。浪速のエリカといわれた上西小百合衆議院議員は、国会をサボって秘書と不倫旅行、ついに橋下氏の逆鱗に触れて除名処分になった。それでも懲りずに自叙伝を出し裸に近い写真まで載せた。

美しすぎる議員といわれた小林由佳堺市議、政治費不正で市から刑事告訴されている・・・といった具合だ。

小池塾に参加した塾生をマスコミがさかんに取材していたが、エド何とかといった一発屋の芸人さんもいて、これは売名かと思ったら早速翌日のテレビにゲスト出演していた。衣を着た坊さんが「来年、台東区から出馬します」と言ったので、驚いてよく見ると、なんと前回台東区議選挙で落選した泡沫候補者であった。当然ながら玉石混交といったところである。

真剣な人も多いだろうから、せめて彼等の気持ちを大事に、本気で、継続的に取り組んで欲しいものと思った。


28日、私が出演した6チャンネルの「ゴゴスマ」、ほぼ1時間と長かったが、ずいぶん多くの人が見ていてくれていたようで反響が大きかった。

ディレクターや番組のスタッフからも「おかげで視聴率が上がりました。又近く出演してください」と具体的な数字を挙げた丁寧な電話が入った。たまにテレビに出ると、ご無沙汰している遠方の友人たちから「元気でよかった」等と思いがけない連絡が入る。早速、連絡してくれた同級生の堀越君や吉岡君、同年輩の清水さんなどに声をかけて、31日、浅草で痛飲した。お互いすっかり歳をとったが、意気軒昂、まだまだこれからだと励ましあったものである。

5日から京都護王神社130年祭に挨拶を頼まれ出掛ける。心身ともに順調、これからも精一杯生きたいと思っている。