第692回「検診まずまず、活動再開」

 深谷隆司の言いたい放題第692回

 「検診まずまず、活動再開」


 11度の検診を昨日(1026日)終えた。12年前、杏林大学病院で大腸がんの手術を受け、以来、当初は年2回、今では1回の定期検診を受けている。検診日までやっぱり内心不安で、このところなんとなく気分が晴れなかった。

今回、かろうじてパス、少しほっとしている。かろうじてとは、相変わらずポリープをいくつかとって検体にまわされたこと、食道炎や逆流性胃炎で用心してくださいと言われたこと、特に1週間の禁酒を申し渡されたことなどである。

 検診直後、松田理事長やご子息夫妻から食事をご馳走になり、「なんでもなくて良かったよ」と改めて言われ、ようやく安心、「さあ、又頑張ろう」となった。


今週の「ダイヤモンド」誌に私のコメントが載っているが、今日は「週刊朝日」来週は「アエラ」の取材と続く。

明日(28日)は「ゴゴスマ(東京では6チャンネル)」に出演のため名古屋に行く、日帰りの強行軍だ。

当日155分からの15県他に流れる生放送だが、スタジオが名古屋なのである。

 いずれも小池知事にまつわる諸問題だが、あまりに急激に手を広げすぎ、あれもこれも大きな問題になっている。勇ましいし、多くの支持を受けているのは事実なのだが、肝腎の答えが出たわけではない。

 バンドラの箱は開けたが、さてどう収束させるのか、その点が全く見えてこないのである。そのあたりで深谷の考えを聞きたいということのようである。

 豊島、練馬両区の党規違反に問われた7人の区議をどう扱うのか、ここも関心の的だ。

政党にはおのずから守るべき規範があって、それに反すれば処分の対象になる、当たり前のことだと根っからの政党人である私は思っている。

 知事選挙で敗れ、執行部は責任を取って辞任し、私が選考委員長になって新執行部が誕生した。党規に反した場合の処分はそれと裏表の関係で、政党の組織論からいって当然のことなのである。

 若狭氏は厳重注意なのに、といった声もあるが、国会議員の場合は党本部マター、地方議員の場合は都連が決める。

1030日まで」と処分の期限を長く取ったのは、その間に行われる第10区の衆議院補欠選挙で、区議双方の融和が計られると考えたからだ。しかし、実際は造反組の7人の侍(小池知事が命名)がマスコミの話題を集めすっかり英雄気取り、逆に党の方針に従った12人の区議は選挙中、選対会議にも呼ばれず、完全に阻害され、「あれはいじめではないか」との声が出るほどの状況であった。

 「落ち着いた判断が出来るまで時間がかかる」、二階幹事長の発言には、彼独特の含みがあるように思える。

近年、権力や評判におもねて、率直にものを言う人が少なくなっていないか。私の場合、何の気兼ねもなく、思ったことをはっきり言ってきた。どうもそのあたりがマスコミ陣が多く私を訪ねてくる理由のようだ。

ならば期待に応えて?しっかり語ろうではないか。まだまだ私の活動の場は続く。「嬉しいこころ」なのである。