深谷隆司の言いたい放題第687回

 「ついに81歳」


今日、929日、晴れて?81歳の誕生日を迎えた。恒例の誕生会は出席者を出来るだけ縮減することにしたが、それでも今夕はオータニホテルで華やかなパーティーになるようだ。

幸い心身ともに全く順調、これも家族の愛と、多くの友人の支えと、そして なによりも、次々とやるべき仕事が舞い込んで、現役時代と変わらない超多忙さ故ではないかと思っている。

なんといっても一番の仕事は若い人たちを「教える、育てる」ことだ。東京自民党政経塾塾長は既に11年目、100人定員の塾生は、倍の応募で常に満員の盛況、卒業生は1600人を越え、国会議員8人、地方議員130人以上と、各所で活躍している。

今年、徳真会の松村理事長からの依頼で、渋谷クォーツタワーで「温故知新塾」を開いたが、来月で1年間の講習を終える。既に来年も続けることで新人募集に入っている。(申し込みは03-6431-9809

テーマの「日本のかたち」の講義をまとめ、来年春には幻冬舎から、私にとって11冊目の本が出版されることが決まっている。

大阪経済大学や、関西大学の講義で大阪をとんぼ返りしたり、各所の講演依頼にも応えている。

近年格別に多い仕事は自民党都連最高顧問としての役割だ。2度にわたる知事選挙では選対本部長をつとめ、今回敗れて会長、幹事長らが辞任すると、後の人事を任され選考委員長、ようやく下村会長、高島幹事長を決めたばかりだ。

当然小池知事についてのマスコミの取材が殺到、新聞、週刊誌のほかに、27日はテレ朝のワイドスクランブルで45分間、スタジオで熱弁をふるった。

「よく言ってくれました」と八木局長はじめ自民党国会議員や都議から感謝の電話が続いて満足。スーパ-Jチャンネル、TBSの「あさチャン!」など、取材で自宅にまで押しかけての長時間インタビュー、その割に放映時間はわずかだが、多くの友人達から「元気な顔が見られてよかった」と連絡が入って、これはこれで嬉しいことだった。

引退後、一応各団体の役職は次々と辞退したが、二所ノ関部屋後援会長、横綱白鵬、大島親方(旭天鵬)、ちゃんこ店を始めた増位山等のつき合いは、相撲好きの私だから縁は続く。大鳥神社総代など新しい依頼にも応じた。護国寺、浅草寺、箱根神社、京都の護王神社等、神社仏閣は特に大事にしている。

趣味の世界では絵画だが、昨年の龍に続き今年も150号の虎を書き、これは仙台の徳真会のデンタルクリニック正面玄関に飾られている。タップダンスの練習にも励んでいるが、81歳のタップはギネス入りではないか。

ともかく天寿を全うするまで、張り切って生きるつもり、全てに感謝である。