深谷隆司の言いたい放題第683回

 「日々是よき日」


8月25日は次女恵理の誕生日であった。50歳を迎えたのだが、娘の歳を聞いて改めて自分がずいぶん馬齢を重ねたと改めて感じた。

この日は彼女の自宅に親戚一同勢ぞろい、そこにこの間の知事選挙で苦杯をなめた増田寛也夫妻、当選した和泉浩司都議夫妻、中屋文孝都議夫妻等も加わって30人あまりの大盛況だった。もっとも恵理は「おもてなし教室」を開いているからこのくらいの人数では驚かない。自らの手料理で山海の美味満載であった。長女知美、孫安希与をはじめ女性勢の、いつものような協力奮闘振りも見事であった

増田夫妻とはそんなに深い付き合いではない。公的立場ではお互い承知していたが、知事選出陣式当日に石原都連会長(当時)から選対本部長を依頼され、直接的交流はその時からであった。選挙が終わって敗れると空しいものだ。そんな経験を持つ私だけに、少しでも励ましたいと思って招待したのだ。

ご夫婦ともお酒は一滴も飲めないが、いつものように呆れるほど賑やかなわが家の宴に、すっかり溶け込んでくれたようで嬉しかった。


8月は毎夜の如く宴が続いたが詳細は省略、勿論肝臓のほうは大丈夫だ。

18日には熱海後楽園ホテルに家族全員で宿泊、毎年熱海の花火を楽しむことが恒例になっているが、この小さな旅は20年余り続いている。

20日には、政木喜三郎会長が、浅草ひさご庵で、和泉都議祝勝会を開いてくれた。中屋都議、大田区議会議長、石塚区議、それに私ら夫婦と、まさに気を使うことのない内輪の会であった。

談論風発、話は尽きない。そこに芸者も加わったが、その夕子姉さん、実は94歳の浅草有名人、三味線の腕は全く衰えず見事なもので、一同「負けて入られない」と妙に張り切ったものである。


一方、公務の面でも忙しい。知事選挙に破れた後、都連の会長、幹事長らが責任をとって辞職したが、その後任の人事が私に委ねられている。選考委員長の大役を仰せつかったのだ。

小池知事の動向も見なければならないし、マスコミ等の反応もきちんと把握しなければならない。決めるまで少し空白を置こうと思ってきたが、9月早々には選考委員会を開かなければならない。いずれにしても都民目線でいい答えを出したいが、難しい対応が求められ、責任は重い。

3階に住む倅隆介一家が今日から身内の結婚式でハワイに立った。老夫婦が残されて心細いと妻が言うが、私も同じような心境ではある。