深谷隆司の言いたい放題第682回

 「150号虎の絵完成」


選挙関係で忙殺されていたが、ようやく時間が出来、811日から4日間、箱根に籠り、依頼されている虎の絵に取り組んだ。

既に数ヶ月前から様々な虎の絵を描いている。なかなか思うような形が描けなかったが、知事選挙前、ようやく納得出来る下絵が出来上がった。試作した絵は30枚を越えている。その間、二科展仲間の幹田陽彦さんには銀座伊東屋への画材購入等で何度も足を運んでもらうなど苦労をかけた。


下絵を150号、つまり畳三畳の大きさに描き直さなければならない。そんな場所は私の山荘にはない。いつものように近くの日本画家、中野嘉之先生の別荘兼アトリエを使わせていただくことになった。

先生は多摩美大の学部長も勤められた高名な日本画家で70歳、私とは40年のお付き合いになる。

昨年、仙台の「あすと長町デンタルクリニック」の正面玄関に飾るべく、徳真会松村博史理事長から依頼されて龍の絵を描いたのだが、今回は新たに出来る仙台の「青葉西デンタルクリニック」の玄関に掲額するためのものである。

前回もそうだったが、4日間、私が作画に取り組む後ろで、先生ご夫妻と私の妻が介添え役をつとめてくれる。妻は総監督、中野夫人は監督といった風情だ。

なによりも嬉しいのは中野先生自ら、様々な下準備を整えてくれたことである。まず、黄土の中に胡粉を混ぜて塗った和紙のパネルを用意してくれている。

私はとてつもなく大きい下図を本紙に写しかえ、デッサンを見ながら新しく描いていく。本番では、濃い墨で一気に虎の絵を描き上げる。上手く描けなければ取り返しがつかない、たちまちアウトなのだ。

前回の場合は水墨画だった。今回は岩料と膠を水で溶き、色彩豊かに描かなければならない。色を平均に広げていくことだけでも本当に難しい。中野先生指導の下、まさに日本画への初挑戦であった。

最終日、後一歩で完成という時、肝心の落款を自宅に置いてきたことに気づいた。

急遽、和泉浩司君に連絡すると、「分かりました」と答え、なんと2時間半かけて自ら運転して届けてくれた。

いよいよ最も重要な目をいれる。白目の部分を金、黒目の周りには緑青を焼いて縁取りし、黒目を入れた。瞬間、虎に生気が生じ、生命が宿った。

全員で歓声を上げた。総監督と監督が抱き合って泣いている。私も中野先生も、そして和泉君も感極まって絶句していた。


夜、仙石原のアルベルト・バンブーで完成祝賀会、幸いにも和泉君の都議当選祝いも兼ねることが出来た。

本当にきつい作業だった。わずか1年前、龍を描いた時と疲労感が全く違う。からだ中の節々が痛んで、妻共々、歳のせいかと体力の限界を感じたものである。

しかし、だからこそ達成感が一層大きくて、まさに至福の時であった。

来年、あと2枚描いて欲しいと松村理事長から既に依頼されている。

無理かな、と思いつつも、こんな機会が与えられることはありがたいこと、体を大事に鍛えなおして・・・と、すっかりやる気になっているのであった。