深谷隆司の言いたい放題第677回

 「知事選挙 選対本部長に」


 いよいよ今日(714日)から知事選挙が始まった。10時半、千代田区隼町の増田ひろや出陣式(自・公推薦)に行くと、猛暑の中600人を超す支持者が集まっていた。

 事務所に入るとマイクで「深谷選対本部長がお見えになりました」とアナウンス。そんな話は聞いてないと言うと、あわてて石原都連会長が、「自分ひとりでは手に終えない、是非、確認団体の選対本部長として力を貸して下さい」。隣から「前回と同じ陣容でいきたいのです」との声もあった。

難しい選挙だが、かくなる上は逃げ出すわけにはいかない。「分かった。断じて戦う」と答え、早速宣伝カーの上で第一声をあげた。谷垣幹事長、茂木選対本部長など、馴染みの後輩メンバーが「久しぶりに深谷節を聞きました」・・・。

猛暑の中、大変な仕事になるが、老骨?に鞭打って頑張るのみだ。


私の地元台東区では東京都議会議員補欠選挙が22日から始まる。既に自民党公認は和泉ひろし前区議会議長に決め、着々と準備を進めている。

一時、無所属でも出ると騒いでいた保坂三蔵君の息子も、さすが状況を見て出馬を断念、12日、私の自宅を訪れ「ご迷惑をかけました。自民党の区議として今後も歩みたいのでご指導ください」と挨拶があった。

もとより彼を嫌ったり意図的に外した訳ではない。党として正式な協議の結果決めたことだ。私は彼の申し出を了として気持ちよく迎えようと答えた。

丁度、この日7時から和泉ひろしの決起集会がある。そこで私の演説中、このことを聴衆に話し、彼を迎え入れることにしようと決めた。

会場の台東区民会館は立ち見も入れて600人近い人があふれていた。予定通り私が演説中に呼び込むと、辻清人代議士が彼を連れて登場、万雷の拍手の中、和泉君と硬い握手を交わした。事前に誰にも言わなかったから、この場面は劇的で、これで自民党が一本にしっかりまとまったとの強いメッセージとなった。

長い政治家としての歩みから引退して、悠々と暮らそうと思っていたが、天はそんなゆとりを私に与えてくれない。

この数年、次々と選対本部長を頼まれ、選挙選挙に明け暮れ、いずれも結果が良かったが、しんどいことばかりであった。

若い人を育てるための塾をはじめ講演なども多い。11日には神田ダイヤモンドクラブに招かれて、「日本人の美徳」をテーマに1時間半語ったが、世話をしてくれた方は太田胃散の太田社長、この方は今、文京区の中屋文孝都議会議員(私の元秘書)の熱心な後援者だ。全てご縁でつながっているのだ。

「他人のため」と思っていたが、実はみんな「自分のため」なのである。

ありがたいこと、嬉しいことと受けとめて一層頑張りたいと思っている。