深谷隆司の言いたい放題第674回

 「都議補選 和泉浩司君に公認決定」


 舛添都知事辞任に伴い、知事選挙が行われるが、台東区では空席になっている東京都議会議員補欠選挙が行われる。前区長の逝去によって行われた区長選挙で、都議会議員であった服部征夫氏を、私が選対本部長になって当選させ、その後任の補選である。

 今(630日 846分)、都連から石原伸晃会長、内田茂幹事長名で、公認候補決定についてのFAXが届いた。

731日施行の都議会議員補欠選挙において、627日付けで、和泉浩司を公認と決定した旨、御通知申し上げます」

 自民党都連で公式に決定した以上、自民党台東総支部挙げて和泉君の必勝を期して支えねばならない。

今回の選挙では試金石として辻清人君に選対本部長を頼み、初の指揮を執ってもらおうと思っている。勿論、私も全力を挙げる。いくつになっても大変な仕事の山積である・・・。

 今回の選挙に当たって3人の候補が手を挙げた。そこで総会に代わる総務会(620日)を開き協議した上、選考委員8名を選び、ここで面接の上候補をまとめることとなった。

25日の選考委員会では、2時間余、和やかなうちにも活発な意見が交換され、最後は和泉浩司君で一致した。

26日再度総務会が開かれ、若干の質問はあったが、全体の賛成を得て、支部として和泉君を都連に候補とした挙げることとなったのである

 何事も瑕疵なきよう丁寧に扱うことが肝要で、今回もきれいな形でことを進めてきたと確信している。いずれにしても時間が無い。和泉君を督促して万全を期したい。


 知事選挙は候補者選びで混沌としている。自民党としては大勢の意見で桜井俊氏を中心に説得をはかっていたのだが、29日、突然、小池百合子元防衛大臣が立候補宣言を行った。

 せっかく出ようと思うなら、まず所属する自民党と相談するなり、周到の対応が必要なのだが、その点が皆無で、あまりに唐突で、今困惑と違和感が広がっている。

もっとも、なんでも自己中心で物事を考え、周りの迷惑などかえりみない人が多いようで、これが今の時代なのか・・、だとすれば哀しい。


27日、私の5回にわたる大臣時代、秘書官を務めたメンバーが、奥さん同伴で一堂に集まった。すばらしい会であったが、楽しい話は次回の報告にしたい。