第673回「もう、歳ですから・・・」

 深谷隆司の言いたい放題第673回

 「もう、歳ですから・・・」


 最近のなんとも多忙な暮らしはどうだ。政界を引退したら何事にも制約されず、悠々自適に暮らせると思っていたのだが、「超」がつくほど忙しい日々となっている。

 周囲の人たちから、現役の頃と同じように会合の案内、相談、依頼、注文があって、これは嬉しいことなのだが、そろそろ「歳ですので・・・」と遠慮させてもらわないと、とは思っている。

 その上、というか、自分がやりたいことが多すぎて、実はこちらのほうが超多忙の原因なのだ。若い人を育てるための自民党政経塾も11年目、今年からは渋谷のクオーツタワーで新たに温故知新塾を始めている。

過日は大阪経済大学の恒例の講義で日帰りの強行軍、今日もこれから出かけるが講演も多い。依頼されている150号の虎の絵も目下苦戦中と、趣味の世界もやること山積だ。

 知事問題で一息尽いたが、次は誰かとかまびすしい。参議院選挙では中川雅治、全国区の片山さつき候補の応援に走っているが、台東区は都議の補選もあって、この人選も頭痛の種だ。

 というわけで、ついに22日ダウン、山口病院で点滴の羽目になった。数日来咳が止まらず、家内に散々言われてようやく山口先生に診察してもらい、気管支炎と診断されたのだ。もう少しで肺炎ですよと脅かされたが、病名が分かればそれほど心配することは無いと自分に言って聞かせている。

 その点滴の最中、鳩山邦夫氏の訃報が入った。思えば12年前、大腸がんの手術をした時、同僚の池田元政調会長の訃報が飛び込んできたものだ。

 いずれも私より年下の人だが、死はいつ来るかわからない。こればかりは寿命ということだ。

しかし、養生次第ということもあろう。せっかく皆が心配してくれるのだから、やはりこれからは自重しなければなるまい。

そんなことをぼんやり考えながら、パソコンを打っている・・・。