第668回「浅草三社祭」

 深谷隆司の言いたい放題第668回

 「浅草三社祭」


514日、15日、浅草は三社祭一色でにぎわった。雷門の自宅は倅や娘の友人達で満員、次々と繰り出しては神輿を担いで大騒ぎであった。

三社祭は44町会で構成され、それぞれに御酒所ができる。その全てに顔を出して挨拶するのが議員現職中の恒例であった。

はるか昔は軽自動車にお酒を積み込んで、各所にお酒を2本づつ届けたものだから、お金もかかって大仕事であった。

選挙に敗れて何年か浪人して、それでも元気な姿を見せようと神輿を担ぐと、周囲からやんやの喝采が上がり、「さすが下町の深谷」と、それが再起のきっかけになったりもした。

今年は自宅前で本社神輿の引継ぎが行われたが、千人を越える若者で大通りは埋まった。もう担ぐことは出来ないが、懐かしいあれこれを思い浮かべて感慨無量であった。


15日は、浅草花柳界の「組踊りを観賞する会」で、料亭「瓢庵」に、松村ご夫妻を誘って4人で顔を出した。

芸者衆が数人ずつ組になって、得意の出し物を作って各料亭を回って宴席で披露する。古くから伝わる粋な催しである。

久しぶりで、浦島太郎のような心地であったが、女将さんが喜んで、昔のように是非共乾杯の挨拶をして欲しいと乞われた。一言薀蓄をかたむけてから乾杯の音頭をとった。


推古天皇の時代、1350年も前だが、二人の漁師が隅田川で漁をしている時、観音像を釣り上げた。地元の文化人が如何に立派な観音様かと、自ら剃髪して自宅を寺とし崇敬した。(年代は少し怪しいが)

後にこの3人を神として祀る浅草神社が建立され、浅草寺と共に「観音祭」あるいは「浅草祭」と称して盛大な祭りが行われるようになった。明治になって神仏分離令が出されてからは、浅草神社が単独で行うようになり、これが今の「三社祭」なのである。


既にはるか前、柳橋料亭街が消えたが、浅草の花柳界も芸者衆がめっきり減った。組踊りもわずか3組、それでも日ごろ磨いている踊りはしっかりしていて見応えがあった。もっと多くの人に見せたいものだ。

一組は「太鼓もち」と言われる男衆の「幇間連」で、達者な芸が披露された。

私がまだ若い頃、悠玄帝玉介というテレビラジオで有名な幇間がいた。お座敷芸の第一人者で歌舞伎の声色などを得意にしていた。懐かしいそんな芸がまだ生きているのだ。今では数人しかいない幇間、「生きた化石」とからかうと、「世界で数人しか存在していません」と、得意になっていた。


せっかくだからと、浅草界隈をそぞろ歩き、浅草寺近くの「アリゾナ」にも立ち寄った。ここは永井荷風が好んで寄った洋食店、長年の私の応援者で、夫婦が大喜びで迎えてくれた。

浅草には何年経っても変わらぬ風情が残っている。着流しに半纏姿の私、下町ふるさとの浅草は、そんな私を優しくつつんでくれる。

今年も素敵な三社祭であった。