鳩山由紀夫首相の資金団体「友愛政経懇話会」への偽装献金事件で、東京地検特捜部は24日、鳩山氏の2人の公設秘書を各々在宅、略式起訴した。
 何故、御本人には嫌疑不十分で不起訴にしたのか、これに明確に答えられる人は居ない。
 要は総理大臣だから見逃したというだけのことだ。
 いくら金満家だといっても、12億6,000万円も母親からお金を出させて、政治活動や私的生活に使っていて、「知らない」などと通用する筈もない。
 しかも、これは表面上明らかになった分だけで、彼が政治家になって以来、全て母親任せな人だから、全体ではどれだけの額になるのか、驚くべき数字になることは間違いない。
 検察は、母親に対しても聴取もしなかった。総理大臣には、指揮権発動の権限があるから、いざとなったらかつての犬養法相のように伝家の宝刀を抜くことは確かに可能だ。
 場合によっては国会を混乱させ、政局になる可能性があるから、これをあえて避けたという説もある。
 しかし、本来、当局はこのような些事にとらわれて配慮する必要など全く無いし、立場でもない筈だ。
 法の秩序を守ることに、ひたすら徹することが肝要ではないか。
 かつて、政界のドンといわれ、今の小沢一郎幹事長が師と仰いだ金丸信氏は、5億円のヤミ献金の時、最高権力者の特別扱いと世論はホントに怒った。
 検察庁の看板に黄色いペンキが投げつけられた様子をテレビ・新聞で見たが、今でも鮮明に脳裏に焼き付いている。
 金丸氏らの告発を呼びかける全国的な騒ぎとなって、特捜部は捜査の再開に追い込まれた。
 企業からのヤミ献金だから悪質で、母親からだから悪質でない、許されるというのでは筋が通らない。第一金額があまりに巨額ではないか。
 本人が知らないというから、偽装に関与していないともいうが、公設秘書が資金を六幸商会から引き出す際、指示書に御本人が署名しているのだから知らぬ筈もない。
 世俗的な話だが、これ以上の追求をしないかわりに、本人に社会的責任をとらせる場合があるという。
 しかし、鳩山氏の記者会見を聞く限り、総理を辞める様子もなければ、本気で国民に謝罪する心も感じられない。自ら説明責任があり、真実を語るべき立場にあるのに、仰々しく2人の弁護士を坐らせての会見は一体、何なのだ。
 どこまで世の中を甘く見ているのか腹立たしい。

 折から、週刊新潮に、鳩山由紀夫総理が人妻を寝取った室蘭の夜という記事が発表された。
 鳩山氏が昭和61年に衆議院議員に当選した前後の時代、室蘭のクラブのホステスとの醜聞が赤裸々に書かれている。これも解決は母からのお金という。
 相手はやはり人妻ということだが、今の幸夫人との結婚も略奪婚というのが実際だから、雀百までではないが、彼の性癖は変わらないものなのだ。
 なんだか、かつての宇野宗佑元総理大臣を彷彿とさせるではないか。
 宇野元総理は、結局、69日で辞職せざるを得なかった。勿論、宇野氏の場合は、女性問題だけで、今回のように政治資金疑惑、脱税疑惑は全く無かった。

 記者会見では、「どうせ信じてもらえないだろうが」と投げやりな口調も見えたが、これも大金持ちの坊ちゃんの世をすねたポーズともとれる。
 信ずる筈もないではないか。
 鳩山氏は、あくまでも秘書がやったことで、何も知らぬと言い続けたが、かつて野党時代、「秘書の犯した罪は政治家が罰を受けるべきだ」と公言したことなど、「これも知りません、忘れました」ということなのか。

 もはや、同情の余地はない。
 国家国民の為に、こんな総理を抱えていく訳にはいかない。
 断じて辞職すべきだ。
 本人は、「世論を見て・・・」と言葉をにごしているが、その世論こそ、今起って欲しいと思うのだが・・・。一体どうなるのか。
 やりきれない思いを私は抱いている。