第814回「日韓関係最悪」

 深谷隆司の言いたい放題第814回

 「日韓関係最悪」

 連日マスコミが伝えるように、今、日韓関係は最悪状態だ。

はっきり言って、非はまったく韓国側にある。

 去年10月の徴用工裁判での賠償命令、11月の慰安婦財団解散、12月の韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射問題、今年2月の天皇陛下謝罪要求など、われわれから見ると、もはや我慢の限界を超えている。

 1965年、日韓請求権協定に基づき、日本は無償援助3億ドル、有償2億ドル、民間1億ドル以上の借款を決め、完全かつ最終的に解決済みとなっている。

 この莫大な資金で韓国は漢江の奇跡と言われる大発展を遂げた。徴用工裁判と時を同じくして、約1100人の元徴用工が韓国政府に補償金支払いの訴訟を起こしているが、まさに保障を求める相手は韓国政府なのである。

 2015年12月朴前政権の時、日韓合意に基づき、日本政府が拠出した10億円を財源に、韓国に「和解・癒し財団」が設立された。元慰安婦に1千万円、7割以上が現金を受け取った。遺族らにも約2000万円が渡った。ここでも「最終的、不可逆的な解決」とされたが、なんと勝手に解散させてしまったのである。残った5億円はどうするのか・・・。

 今度、日本は7月4日、半導体資材の優遇措置を取りやめた。相手国が信頼出来ないからホワイト国としての優遇措置からはずしたのである。ホワイト国とは大量破壊兵器拡散の恐れの無い、安全保障上の友好国27カ国をいう。最近の報道によると、大量破壊兵器製造に転用できる物質をシリア、イランなど北朝鮮の友好国に不正輸出したとして韓国政府が複数の企業を行政処分にしたことが判明した。まさにホワイト国からはずす状況なのである。

 これに対し、韓国では日本製品の不買、不売運動が激したという。日本の製品のロゴの入った箱を踏みつぶす、例の如く品のない行動が映像に映った。しかし、今までこうした不買運動が成功したためしはない。日本の品質は良好で韓国人の生活に根づいていて、だから昼は反日、夜はアサヒビールなのである。

 五輪ボイコットの請願も出されたようだが、20万人の署名が必要なところ、まだ3000人しか出されていない。

 来たくなければ来なくていい。北朝鮮選手団と一緒の入場など見たくもない。

 日本の報復措置であることは間違いないが、安全保障上、ホワイト国からはずすというのはいい知恵だ。優遇をやめるだけで、禁輸や追加関税など輸入制限では無いのだからWTO 提訴など馴染まない。

 ただ、韓国は嘘と宣伝が上手いから、これから積極的に外交宣伝戦を行う。これに日本も備えを万全にしなければならない。外交戦術が下手な日本だからその点が心配だ。不当な要求に、日本はこれからも毅然たる態度で対応しなければならないと思っている。


第813回「参議院議員選挙始まる」

 深谷隆司の言いたい放題第813回

 「参議院議員選挙始まる」

 7月4日10時、まず丸川珠代候補の応援のため、雨の中、例の如く檄を飛ばす役目で宣伝カーに上がった。

 私は彼女こそ都知事候補と思っているが、人気は高く大勢の支持者が集っていた。母の介護、子育て、家庭を守りながらの政治活動は大変だったと思うが何時も明るく全力を尽くしている。女性の進出が叫ばれている時代、彼女の当選は大事なことだと改めて思った。

事務所は港区北青山2-7-29 03-5843-3858


 12時から武見敬三候補の応援に回る。自民党東京都連は2名の候補を立てているが、最高顧問の私は、なんとか2人を当選させなければならない立場である。気圧の変化もあって耳鳴りは苦痛だが、そんなことを言ってはおられない。

 武見候補の決意表明は中身も濃く、これから何をしようとしているのか明確に述べて立派だった。政策論争をしようとする姿に魅力を感じた。

事務所は中央区新富2-15-6 新光第五ビル 03-3523-9200


 前日、記者クラブ主催の7党首討論会を見た。野党の議論を聞くと、参議院選挙の重大性を認識しているのか大きな疑問を抱いた。

 戦後、占領国アメリカは日本に英文で書いた憲法を押し付けた。そこには一院制度で参議院は無かった。日本国会ではこれに抵抗し、ついに二院制度としたがそれが今の参議院である。6年間選挙は無い、つまりじっくり腰をすえて日本の現状と未来を考え、正しい政治を行うための「良識の府」としたのである。

 しかし、現状は衆議院と変らない、政争の具を繰り返し、すっかり劣化して「良識の府」といったものは無い。

 参議院選挙の前日の党首討論では、日本にとって今一番問題の安全保障問題などについてほとんど議論がなされていなかった。少子高齢化問題などもっと真剣な議論を期待したが、格別の提案もない。こんな事ではいけない。

 この選挙で国民も、参議院の存在の重みを考え、ここに相応しい人物を選んでもらいたいものである。

 東京選挙区から15人程度が出馬するが、興味本位の話題を振りまく人はいるが、本物の政治家らしい人物は、はっきり言って見当たらない。

 「政治の安定」を目指す自民党が、責任を持って選んだ武見敬三、丸川珠代両候補をぜひとも勝たせたい、その強い思いで、私も21日の投票日まで頑張る決意である。


第812回「ついていない」

 深谷隆司の言いたい放題第812回

 「ついていない」

 八王子で滝山病院など手広く経営していた朝倉忠孝先生が23日朝お亡くなりになった。私が30代都議会議員の頃、依頼されて多くの問題を解決したことがあったが、その時以来実に50年にわたる交友が続いた。

 私の政治生活は決して順調なものではなく、何度か浪人生活も送ったが、そんな時、あらゆる角度から支えて下さった。京都などへはなかなか行けない時代、両親も含めて何度も家族ぐるみで案内してくれた。

 今でも、時折食事を共にし、又、何かあると先生に連絡する。特に身体のことで不安があるとすぐに電話する。そんな時、なんでもないと一笑し、適切な指導をしてくれたものだ。耳鳴りのことも10日ほど前電話したばかりだ。まさに心身ともに本当にお世話になった方であった。

 シャイでダンディなところがあって、決して自分の歳は言わなかったが、なんと99歳、白寿であった。大往生・・・謹んで哀悼の心を捧げたい。


 私の耳鳴りは、いい日、悪い日とあるがまだ治らない。このブログも遅れがちで皆さんから心配されている。

 13日、景気直しで何人かですし屋で気勢を上げていたら、なんとその2時間後、蕁麻疹になって夜中池袋の山口病院で点滴、えびのアレルギーであった。

 山口先生には何時もお世話になってきたが、今診察はご息女、25日、改めて診察を受けたが、「最低でも2週間の禁酒」と言い渡された。娘に叱られたような按配である。早速禁酒に入った。


 国会が終わって、もう次の参議院選挙だ。

 トランプ大統領が、日米安保について解消か、というニュースも流れている。G20で安倍総理の各国首脳との会談が話題になっている。当然のことだが韓国大統領との会談はない。

 様々な事で言いたいことは山ほどあるが、「ついていない」状況の中、今回はこの程度で終わりたい。

 皆さんのご健康を祈っています。



   1 2 3 4 5..  次の3件>>