第758回「旅は道づれ」

 深谷隆司の言いたい放題第758回

 「旅は道づれ」

 政治家を引退して数年になるが、良い友人が多く、いつも私の晩年を支えてくれる。ありがたいことである。

 17日から比較的新しい友人の松村博史氏の計画の下、古い友人の桑山夫妻と私ら夫婦と、5人で4泊5日の長い旅をした。

 松村氏率いる歯科グループ徳真会に頼まれて既に3枚の大きな絵(150号2枚、300号1枚)を描きあげ、新潟、仙台の診療所に飾られている。5月には福岡で開業する診療所に150号の「朱雀」を描くことになっている。完成間近の現場でイメージを得ようということが一応旅の目的の一つだが、まあ、実際は言い訳に過ぎない。

 まず京都の夜を楽しみ、翌朝8時出発で兵庫県に車を飛ばし、淡路市のいざなぎ神宮で、古事記、日本書紀にある国生みの神話を偲んだ。温故知新塾で1年かけて神話から現代までの日本の歩みを語り、「本当はすごい日本人」(幻冬舎)を出しただけに感慨深いものがあった。

 洲本市で司馬遼太郎の書いた「菜の花の沖」の主人公高田屋嘉兵衛の顕彰館を視察し、徳島県に移動、大鳴門橋遊歩道をしっかり歩いて見事な渦潮を見た。

 更に香川県の弘法大師誕生の地にある善通寺に寄り、2時間かけて泊まりは愛媛県の道後温泉だった。

 3日目は、早朝から宗教詩人坂村真民先生のお墓参り、実は松村氏と私は偶然にも坂村先生信奉者であった。「二度と無い人生だから つゆ草の露にもめぐりあいの不思議をおもい 足を止めて見つめていこう」、若い頃から何度もこの詩を暗唱したものである。先生のご息女夫妻と開花亭で昼食を共にしたが、真民先生が如何に生きたか、その素晴らしい話題は尽きなかった。

 「坂の上の雲ミュージアム」も訪ねた。司馬遼太郎描く秋山好古、真之兄弟、正岡子規の3人は、近代国家として成長していく明治日本を支えた人物で、そのドラマチックな生涯は、私の若き時代に心を捉えて離さなかった。三崎港からフェリーに乗って大分佐賀港に着き、その夜は由布院の温泉宿に泊まった。

 4日目は2時間かけて熊本県の雄大な阿蘇山へ。阿蘇神社を詣で、宮本武蔵の墓のある武蔵塚公園にも寄った。私は宮本武蔵の生き様を塾でも熱っぽく語ったが、大いに興味のある人物である。最後は細川家に300石の客分となったが、剣一筋に生きた孤高の剣客に、今でも心魅かれる。

 3年前の大地震ですっかり破壊された熊本城の姿に胸が痛んだ。回復までにあと何十年かかるのだろうか。自然の猛威を恐れ、一方で、われわれは自然にもっと畏敬の念を持つべきではないかとも思った。

 2時間かけて最終地福岡に行き、私の絵が飾られる春日診療所に到着、立派な建物に感嘆、7月はここで私の絵「朱雀」の除幕式が行われると思うと胸が弾んだ。連休は絵画三昧で過ごそうと思っている。

 車での走行距離なんと850キロ、大河内君ら徳真会の二人の秘書さんが運転してくれたが、さぞかし心労も含めて大変であったろうと感謝一入である。

 常に和気あいあいで愉快な日々であった。「旅は道づれ」、この仲間達とこれからも人生を共に歩む。私達夫婦が最長老だけに、一層健康に留意しなければ・・・と今そんな思いでいる。



第757回「往生際の悪いレスリング協会」

 深谷隆司の言いたい放題第757回

 「往生際の悪いレスリング協会」


五輪で4連覇を果たし、国民栄誉賞まで授章した伊調馨選手に対するパワハラ問題が、このところ連日大きな話題となっている。

結局、第三者委員会が伊調選手ら19人から事情を聞き、「パワハラはあった」と認める報告を行った。

しかし、4件の具体例を示しただけで、警視庁の練習禁止などを除外するなど、グレーな部分の多い、なんともお粗末なものであった。

確かに栄和人監督個人の言動や人間的問題はあるが、1人に全ての責任を押し付けただけでよいというものではない。

この背景には協会の古い、閉鎖的な体質があることを誰もが感じているのに、これを追及する事もなく、実に後味の悪いものとなってしまった。


この問題が起こった時、福田富昭レスリング協会会長は、即座に「パワハラは無かった」と断言していた。何も調べもせずこんな事を言っていいのか、「後できっと困るよ」と私は講演などで語っていたが、全くその通りとなった。今更どう弁解しても無駄なこと、栄監督と同じように自ら責任を取るべき立場である。

馳元文科相は「心が真っ白になったようでショックだった」と発言していたが、まるで他人事のようで空々しかった。

私はプロレス大好き人間、彼が国会議員になって以来、大いに期待してきただけに残念である。

一番不愉快だったのは至学舘大学の谷岡郁子学長の記者会見ぶりであった。

まるで上から目線で、「パワーの無い人間によるパワハラとはどういうことか、私にはわかりません」と言ってのけた。レスリング選手育成で功績を挙げ、至学館大学に貢献した人に対して言う言葉ではない。しかも、今もっとも苦境にある人を守ろうともせず、上から目線で「パワーの無い人」と決めつける無礼さには驚いた。

「そもそも伊調さんは選手なんですか」とも発言したが、この言葉自体が失礼でパワハラそのものではないか。

元国会議員であったことも恥ずかしいが、これが教育者かとあきれるばかりである。

たくさんの選手を出して協会に力を持っている大学の学長が、レスリング協会の副会長を兼務している事も問題で、即刻辞めるべきである。

これから内閣府の調査が行われる。伊調選手も「その結果を待ちたい」と言っている。

直接利害関係が無い立場だから、公平な聴取を行って、公益法人にふさわしい協会になるよう、是非改革のメスを入れて欲しいものである。



第756回「茶番はやめ国難に備えよ」

 深谷隆司の言いたい放題第756回

 「茶番はやめ国難に備えよ」


衆参両院の予算委員会証人喚問を4時間、あくびを我慢して見ていた。佐川氏の答弁に「茶番じゃないか」と野党から野次が飛んでいたが、あの委員会そのものが全くの茶番であった。

6野党の議員が23日と26日、大阪拘置所の籠池被告と接見し、さも新しい事実を得たかのような発言をしていたが、「隠し玉」なども皆無であった。大体、詐欺罪で起訴されている人物と接見して真実が明らかになる筈もない。ただの思わせぶり、陳腐なパフォーマンスに過ぎなかった。

19日に新たに提示した削除文書によると、土地を所有していた国土交通省航空局がごみの撤去に費用がかかるとして、自ら8億円余の値引きを見積もり、財務省近畿財務局に提案していた。こんな一地方の些末なやり取りに安倍首相や、まして安倍夫人が関わることなど、元々考えられないことではないか。

虚言癖の籠池氏の言葉が確認も無く一方的に流され、まるで魔女狩りのようにメディアも加わって総理夫人の介入が喧伝されて来た。1年余も続く追求だが何一つ具体的な証拠も出されていない。明らかな人権侵害ではないか。

真実がどうかではなく、安倍政権のイメージを悪くさせるだけが野党の狙いなのである。


証人喚問が行われているまさにその時、金正恩朝鮮労働党委員長が電撃的に訪中し、習近平国家主席と会談したと報道された。2013年、中国とのパイプ役であった叔父の張成沢を処刑して以降、最悪の中朝関係であったが、金正恩が最高指導者に就任以来、初の外国訪問が中国とあって本当に驚かされた。

南北首脳会談、米朝首脳会談の前に、中国に頭を下げることよって、安全保障問題、経済問題を打開しようとの「したたかな魂胆」だ。

このことによって中国が再び北朝鮮に影響力を持つようになれば、朝鮮半島情勢は新たな局面を迎える。日本への影響は大きく、心配の種はひろがる。

折からトランプ大統領は、鉄鋼、アルミニウムの輸入制限措置に署名した。日本について除外を求めたがトランプ大統領は極めて冷ややかであった。彼が仕掛ける貿易戦争では、日本も標的の一つであって、本当に信頼関係があるのかわからない。いざとなったら「同盟」も怪しいものだ。

安倍首相は就任以来、世界を飛び回り、国際的成果を挙げてきた。おそらくこれだけの外交手腕を持つ総理は少ないのではないか。

世界の中でしか生きられない日本にとって、厳しい環境が深まる中、いつまでも不毛の議論を繰り返す国会であってよいはずがない。

もう茶番はやめて、与野党一致結束して国難に備える議論をして欲しい。そう願うのは、決して私一人ではないと思うが・・・。




   1 2 3 4 5..  次の3件>>