第915回「日本の弱腰を批判する」

 深谷隆司の言いたい放題第915回 

 「日本の弱腰を批判する」

 文化審議会が昨年末、「佐渡島の金山」を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産の推薦候補に選んだが、韓国が「韓国人の強制労働の被害現場だ」と、相変わらずの反対で推薦見送りを主張した。

 2015年の長崎県の端島炭鉱(通称軍艦島)登録に際しても韓国が不当な宣伝戦を行い、外相会談での合意を無視して「強制労働」と声明に載せていた。当時の安倍首相が猛抗議を行って修正させたが、韓国は何かというと「強制労働」と喧伝する。彼らにとっては常套手段なのである。

 そもそも政府は令和3年4月の菅政権時の閣議で、朝鮮半島出身者が強制労働させられたかどうかについて、「募集」「官斡旋」「徴用」による労務については、いずれも強制労働に関する条約上の「強制労働」には該当しないとの「答弁書」を決定し、これを公式見解としている。

 なんでもかんでも強制労働を認めろと言い続ける韓国に遠慮する義理は無いのだ。

 今回の登録については地元新潟県や佐渡市にとって15年以上取り組み続けた悲願であった。

 しかも韓国の動きも念頭に、推薦内容を「手工業で世界最大の金生産量を実現したとされる江戸時代に限定」するなど深い配慮まで行ってきた。

 県当局者によると、昭和15年から17年にかけて当時佐渡金山を経営していた三菱鉱業が朝鮮半島で労働者を募集し、約千人を受け入れた事実はあるが給与などは支払われていたという。

 推薦を見送れば韓国の「強制労働」という主張を認めたことになると憂慮していたが、残念ながら推薦見送りである。

 韓国は慰安婦問題でも、「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓慰安婦合意さえ後に否定する有様だ。

 韓国に善意や常識を期待することは出来ない。譲歩すればまた一歩踏み込んで不当な主張を繰り返す「始末に負えない国」なのである。

 日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ。いつまでも弱腰外交ではなめられるだけだ。

 期待してきただけに「岸田政権、しっかりしてくれ」と檄を飛ばしたい心境である。



第914回「新春明暗」

 深谷隆司の言いたい放題第914回

 「新春明暗」

 さわやかな思いで新年を迎えた。家族全員そろって、私が新年の言葉の後お屠蘇を年少者から年長者へと回した。

 次にお雑煮を頂くが、この餅は私が長年後援会長を務めた二所ノ関部屋の力士が搗いたものだ。親方は元大関若嶋津、この1月引退で部屋の名称もすでに他に渡った。ちょっと寂しい。

 おせち料理はめでたさが重なるように重箱に入っているが、何十年の付き合いの京都たん熊が律儀に届けてくれたものでさすがの味であった。

 恒例のお年玉を配った。86歳(今年9月には87歳)になっても50代の倅や娘、孫たち大家族にお年玉を渡せるのは嬉しい。

 和服を着たが、このところコロナ太りか多少着物の裄(ゆき)が足りないのが気になったが正月気分にはなった。

 正月は本来、「年(歳)」や「稔(みのり)」を司る神様を家族全員でお迎えして、新年を歓び、五穀豊穣に感謝してお祝いするものだ。鏡餅を飾る場所は年神様の居場所となるのだが今の人にはわからないことである。

 次々と挨拶にみえる人を迎え、今年も頑張ろうと言いあうのも楽しい。

 昔よりはるかに少ないが、頂いた年賀状の返事を400枚ほど書いた。昨年、徳真会の松村会長に依頼され150号の虎を描いたが、今年の干支で絵葉書にしてくれたのでそれを送った。

 初詣は浅草、大変な人出(これを「人流」と言った愚か者がいたが、物ではあるまいし「人出」というべきだ)だったが、五重塔で眠る両親に感謝し、浅草観音様、三社祭で有名な浅草神社、柱に私の名を彫っている銭塚地蔵尊などを一回りし「新年の誓い」を祈願した。あわせて1日7千歩目標の散歩もこなした。

 今年はコロナで台東区、文京区、中央区の恒例の新年会もないから自宅で過ごすことが多く、その分、いつも家族と一緒であった。


 正月の楽しさに水を差すように、新型コロナは国内で6千人を超えたが、この1週間で10倍の数で明らかに第6波に入ったと思われる。

 「オミクロン株」という新変異株で感染力がものすごいという。世界の感染者は3億人を超えている。

 重症化のリスクは低いと言われるが数が増えればそれだけ重症者が出ることは必然だから、今から病院のひっ迫対策を取らねばならない。

 経済対策とコロナ対策といった矛盾した問題で、今年も政府は苦労を余儀なくされると心配である。

 1月15日・16日はTokyo 自民党政経塾の合宿予定であったが急遽取りやめにした。この合宿は塾生は勿論私も最大の楽しみであったから残念でならない。18日の講義もオンラインだ。温故知新塾も始まるが対面授業は今年も駄目なのか・・・。

 新春明暗であった。



第913回「明けましておめでとうございます」

 深谷隆司の言いたい放題第913回

 「明けましておめでとうございます」

 明けましておめでとうございます。新しい年を貴方はどのようにお迎えでしょうか。今年が貴方にとってより良き年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

 振り返ればこの2年、コロナ禍に見舞われ大変な苦労を強いられました。今度はオミクロンとやらの変異株が世界的に感染拡大し新たな不安になっています。

 日本の場合は年末まで終息の気配があってほっとしましたが、さてこれから一体どうなるのか心配の種は尽きません。

 いずれにしても日本はまさに優等生であることに違いはありません。政府もしっかり対応すると誓っておりますから、私たちも自ら為すべきことをきちんと果たして、今年こそ感染症を駆逐して穏やかな年にしたいものです。

 私の場合、昨年は良いこと楽しいことも多くありましたが、一方、かなり厳しいこともありました。私や家族が病院の世話になったり、身内に2人の不幸もありました。

 しかし、我が家は私と家内を中心に根っからの「前向き、明るさ」が特徴で、大晦日には「一応全てを乗り越え、納得できる1年だったな」と語り合いました。

 今年はまず健康第一に考え、Tokyo自民党政経塾、温故知新塾で次の世代を育成し、月刊誌「Hanada」や各種の講演で論陣を張っていきます。主張の基本は愛国心であることは言うまでもありません。

 家族友人を大切に、神仏に感謝して、断固悔いのない1年にする所存です。

 この「言いたい放題」も勿論続けます。是非お読みいただくよう念じて新年のご挨拶といたします。



   1 2 3 4 5..  次の3件>>