第763回「実りなき世界最大のショー」

 深谷隆司の言いたい放題第763回

 「実りなき世界最大のショー」

 シンガポールで開かれたトランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の首脳会談が、まさに世界注視の下実現した。

 史上初めての米朝首脳会談は結構な事だが、案の定というか、中身は実りのないもので終わった。いや、むしろ禍根を残すものとなった。

 共同声明で金氏は「朝鮮半島の完全な非核化に取り組む」と約束する一方、トランプ氏は「北朝鮮体制の安全を保証する」と表明した。しかし、最も大事な「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」の文言はなかった。

 北朝鮮は2005年の6カ国協議の声明で、「朝鮮半島非核化のため、全ての核兵器と核兵器計画の放棄」を約束したが、これを平然と反故にして核開発を進めてきた。もうだまされないぞというのが私の率直な思いである。

 トランプ氏は費用の節約になるからと、米韓合同演習の中止を表明し、記者会見では在韓米軍の撤退まで言及した。これは今、絶対言ってはならない事である。

 中国が長年求めてきたことではないか。この30年で軍事費を51倍にし、尖閣諸島奪取を窺い、南シナ海では軍事拠点化を進めている中国だ。きっとほくそ笑んでいるに違いない。

 軍事的選択肢をちらつかせながら北朝鮮に最大の圧力をかけてきた路線をトランプ氏はいとも簡単に変更してしまったのだ。

 文大統領も北朝鮮に前のめりになっている。韓朝両国が連邦的になって、親中反日体制になったら、いわば38度線が対馬海峡になったようなもので、日本の危機は計り知れないものとなる。トランプ氏は日米同盟関係を気にしていないのか。

 一方で「北朝鮮が米国にとって問題とならなくなるまで制裁は解除しない」とも言っている。なんだか訳がわからないが、わずかな救いなのか。

 経済支援について、トランプ氏は「日韓両国は北朝鮮を支援する用意があり、米国は支援する必要は無い」とも言った。とんでもない話で、核完全廃棄、拉致問題解決など、日本の要求が入れられないかぎり、日本はびた一文払うべきではない。

 やがて日朝首脳会談が行われる時が来る。北朝鮮は国家賠償を必ず要求すると現に主張している。朝鮮は戦勝連合国ではない。戦った敵国ではないのだから戦後賠償の責任は日本に無い。

 1965年、日韓基本条約を結んだ時、日本は戦争処理の一環として8億ドルに上る協力金を支払った。韓国予算の2,3倍強の巨額な資金、しかも53億ドルに及ぶ日本の資産も全て放棄した。「漢江の奇跡」はそこから生まれ、韓国は経済発展を遂げる事ができたのだ。

 当時、韓国は正統な朝鮮半島国家としていたため、朝鮮半島全体に対する立場で日本は臨んだ。もし北朝鮮が協力金を求めたら、韓国が処理すべき問題なのである。


 どちらにしても、今、日本は危機的状況の中にある。しかし、こんな時も日本の国会は機能していない。

 米朝首脳会談の行なわれた12日、立憲民主党など野党6党派は、カジノ法案をめぐり衆議院内閣委員長の解任決議案を出して大騒ぎである。

 「いい加減にしろ」と怒鳴りたい心境である。



第762回「役者が上、トランプ大統領」

 深谷隆司の言いたい放題第762回

 「役者が上、トランプ大統領」

 米大統領が5月24日、来月12日にシンガポールで開催予定であった米朝首脳会談の中止を決定した。途端に強気で会談中止をちらつかせていた北朝鮮が、慌てふためいて対話を請うた。金正恩委員長の委任による談話で、米朝関係改善のため首脳会談が「どれほど切実に必要か」を訴えたのだ。

 会談を通じて体制の保証を得ようとしていた金委員長が如何に困っているか本音をさらけ出していたのである。丸2日もたたないうちに金委員長と文大統領の極秘会談が開かれたが南北両首脳のあせりや危機感がうかがえる。

 トランプ大統領の怒りの背景の一つに、米国に対する公開的な悪罵がある。9日前にペンス副大統領のことを「ならず者」「人間のクズ」とまでののしって、敵対的発言を続けていた。余談だが、この地の言語文化には「伝統的に他人への悪口」が発達しているという。

 しかも米の求める条件に明確な回答がない。今までの成功例から、こうした揺さぶりで米側の譲歩を引き出せると思っていたのだ。

 トランプ氏は「過去の政権の過ちを繰り返さない」と何度も言い、会談中止で困るのは北の方であることを百も承知している。トランプ氏は「会談に成功しなければ次のステップへいく」とはっきり述べ、軍事力行使も含めてあらゆる圧力をかける決意でいる。その背景に安倍総理の確固たる支持表明があると私は思っている。

 金委員長は「いかなる核実験も必要なくなった。核実験も使命を終えた」と北東部豊渓里(ブンゲリ)の核実験場を爆破したが、6回も実験を行った用済みで不要な実験場を廃棄しただけのことではないか。

 2008年にも海外のメディアを前に寧辺(ニョンピョン)の核関連施設を爆破したが、その後も核実験を続け、昨年11月末に宣言した「国家核戦力完成」に至っている。

 トランプ発言で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の面目丸つぶれといったところか。

 金委員長が1月の「新年の辞」で南北関係改善に意欲を示して以来、平昌五輪への北朝鮮の参加や芸術団の派遣など北朝鮮の要求を全面的に受け入れ対話に応じてきた。南北首脳会談の実現、「板門店宣言」も発表した。5月22日には訪米し、米朝首脳会談の仲介役を務め、国内の支持も80%を越えた。しかし、こうした北への異常な傾斜が大きな誤りにならないか。

 かつて金正日総書記と金大中、盧武鉉(ノムヒョン)両元大統領による2回の首脳会談で韓国は、北朝鮮に経済援助をし、核・ミサイル開発に時間を与えた。これまでのところ多くを与えずにとどまっているが、得られるだけ得て約束を守らない常套手段を忘れてはならない。

 金委員長が文大統領の会談で、「非核化への確固たる意思を示した」ことから米朝首脳会談に向けた当局者の協議が板門店で行われることになった。

 しかし、米国が求める「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」にどこまで同意しているのかは定かでは無いようだ。

 今のところトランプ大統領の方が一枚上に見られるが、相手もしたたか、油断なく対応してもらいたいものである。日本は引き続き米国と緊密に連携していく必要がある。

 こんな重大な時期、モリカケ問題で、野党とメディアが組んでの魔女裁判、「もういい加減にしろ」と思っているのは私ひとりではあるまい・・・。


第761回「伝聞で馬鹿騒ぎ、危機感ゼロの国会」


 深谷隆司の言いたい放題第761回


 「伝聞で馬鹿騒ぎ、危機感ゼロの国会」


 近頃の国会の様子を見ると、政治そっちのけで、ひたすら安倍総理追及だけで終始しているように思える。


 米朝会談さえどうなるかわからない緊迫した状況の中、政治家に危機感が感じられない。


 北朝鮮の金委員長の微笑み外交は一瞬にして変わる。一つ間違えば、存亡をかけた最大の被害を蒙るのは日本である。


 そもそも北朝鮮は核実験はやめると言っているが廃絶とは言っていない。


 大陸間弾道弾ICBMはやめるがノドン、スカッドをやめるとも言っていない。ICBMの飛距離は5,500kmでアメリカ本土に届く。ノドンは1,500km、スカッドは1,000kmで日本に届く。しかも、ノドン300基、スカッドは800基もあって、いずれも日本に向けてセットされているのだ。


 一触即発の危機について国会でどれだけ議論されたのか。日米同盟が唯一の防衛という現状について真剣な議論がされたのか。驚くほどの国会の怠慢ではないか。



 愛媛県の新たな文書で、野党の攻勢は一層強まっている。公文書ではない、一職員のただのメモで鬼の首でも取ったような大騒ぎ、あきれるばかりである。


 しかも、加計学園が今治市に話した事を県が聞いてメモしたもので、伝聞の又伝聞なのである。まるで伝聞ゲームではないか。


 安倍首相が、その平成27年2月25日に加計孝太郎理事長と会って、「そういう新しい獣医大の考えはいいね」と言ったというのだが、安倍首相は理事長に会ってもいないと否定している。


 首相官邸の入邸記録は廃棄されて無いが、報道各社の官邸への来客を記録する「首相動静」欄を見ると、25日分に加計氏の名前は無い。ホテルなどでの密会という野党議員がいるが、獣医学部新設がなんら問題になっていなかった頃の事で、ことさら会うことを隠す必要はない時期なのだ。


 しかも、それから4ヵ月後の27年6月30日に、安倍内閣は獣医学部新設に関わる厳しい4条件を閣議決定している。「獣医大いいね」の言葉と全く矛盾している話である。当時国家戦略特区担当だった石破茂地方創生担当相の影響で、その名前をとって「石破4条件」と呼ばれている。「誰がどのような形でも現実に参入は困難という文言にした」と獣医師会の会議録に、石破大臣が述べたとも書かれている(石破氏は否定)。これも伝聞なのである。


 どうやら加計学園も獣医師会も自分の都合いい内容を記録し、それが次々と伝わっていったということであるらしい。


 最近は中村時広という変な知事まで参戦し、職員を信じますと、前知事時代の職員のメモを次々と公表している。県自民党と不仲だとのことだが、ただの「出たがり屋」としか思えない。加戸守行前知事は獣医学部新設のため全力を尽くし、実に国内で52年ぶりに新設を実現させた愛媛県の功労者だが、後継知事なら感謝と敬意の念をもつべきではないか。



 一体、首相発言と伝聞とどちらを信じるのかということだが、一国の首相をことさら信じようとしない風潮は残念である。


 追求で息巻く野党は、これで審議日程を引き伸ばせると張り切っている。愚かな事だ。



 内外共に多くの問題を抱え、特に国家存亡の危機とも思える国際環境の中、いつまで不毛の議論を続けるつもりなのか、もういい加減にしろ!というのが多くの国民の本音ではないだろうか。




   1 2 3 4 5..  次の3件>>