第740回「戦い済んで・・・」

 深谷隆司の言いたい放題第740回

 「戦い済んで・・・」


22日投票が済んで、8時、NHKの第一報で当確が決まることが判っていたので、墨田の松島みどり候補の事務所に倅と和泉君とで駆けつけた。石塚、石川台東区議も来てくれた。開票と同時に万歳が出来るのはありがたい。私の音頭で高らかに勝利宣言をしたが、この様子がテレビに映ったと皆から喜ばれた。

台東区の3分の1が第14選挙区になって、初めて墨田・荒川区の人たちと松島応援に入ったが、新しい友人、御婦人たちの深谷ファンも出来て、これからが楽しみだ。

自民党都連選対総本部長として東京全体の総指揮をとってきたので、早速本部に顔を出す。鴨下一郎氏、萩生田光一氏、菅原一秀氏ら当選者が次々と顔を出す。下村博文氏、斎藤健氏、大西英男君など当選者に電話で祝意を伝える。先の都議会議員選挙で歴史的な敗北を喫したが、今回は首都東京を我々が席巻した。

小池ブームはわずかな時間で消滅、どんな言い訳も通用しない。1年余、都政で何の成果もあげられず、それどころか豊洲市場の移転問題では大変な額の税金を損失し、なお先の見通しも立っていない。希望の党を立ち上げて代表になったが、愚かな民進党を分裂させただけ、形勢が悪いとなると自らの立候補も取りやめた。政権交代を主張しながら旗頭の居ない戦いをするなど無責任のきわみ、自分の上昇志向ばかりが目立ってあきれるばかりだ。これからも都民ファーストの会を中心にワンマン都政を敷くつもりだろうが、都議会自民党が都民第一の気迫で是非頑張って欲しいものである。

各社の出口調査で辻候補の当選は判っていたが、NHKの発表がすっかり遅れ、当確が出たのは11時過ぎであった。大勢の応援者を長いこと待たせたので、私は中継放送のように次々と話題をふって笑わせ、退屈させまいと苦労した。

辻君が駆け寄ってきて私に抱きつく、バンザイの声に今までの全ての苦労がかき消えた。 彼がみんなの支えに感謝し、更に成長して活躍して欲しいと願った。

自公は300議席を超え、改憲勢力の3分の2を超えた。第1次内閣で再起は不能と誰もが思ったが(私も当時現職時代でそう思った)、よほど強運な人なのだ。

これだけの支持を集めれば北朝鮮有事が起こっても、外交・内政とも迅速かつ大胆に政策を打てるはずだ。改憲論議さえ拒否する勢力が少数派になったのだから悲願の憲法改正に向け国会で粛々と論議を進めてもらいたいものである。

是非求めたい事は謙虚さだ。立憲民主党の躍進振りを見ると、風はいつ起こるかわからない。国民の心は揺らぎやすい。大勝に決して奢ることなく、山積している問題に取り組み、真面目に愚直なまでに、心して政治を進めて欲しいと願っている。私は少し休憩したい・・・、無理かな・・・。



第739回「刻苦光明」

 深谷隆司の言いたい放題第739回

 「刻苦光明」


衆議院議員選挙が今日で終わる。政治家を引退して何年も経つのに、政治の世界、とりわけ選挙から開放されることがない。この数年の間に知事選挙2回、国会議員選挙3回、都議会議員選挙2回も指揮を執り、苦労の連続であった。

特に今回は選挙区域が変わって台東区の3分の1が荒川・墨田の14区になり、一方で港区の一部が2区に組み入れられるなど、一層ややこしい選挙事情となった。私は2区辻清人候補と、14区松島みどり候補の二人を抱えることになり、毎日その応援に駆け巡ってきた。

その上、東京都連の選対総本部長に就き、都内25人の候補者全体を支える総責任者になり、想像を超える忙しさと神経を張り詰める毎日となった。

苦しくとも全力で頑張れば必ず成果は上がると、まさに禅の言葉の「刻苦光明」を信じて頑張って来た。

最近のマスコミ報道を見ると、自民党の状況はよくて、公明党と300議席を超える勢いとある。しかし、選挙前のこんな記事は当てに出来ない。かつて橋本龍太郎内閣の時、参議院選挙で圧勝と書かれて、結果は敗北となったことを鮮明に覚えている。マスコミの「ほめ殺し」で禍根を残すまいとかえって緊張している。

松島みどり候補は当選5回のベテランで、さすがに安定していてもう一息のところまで来ている。演説会や街頭演説などで応援する度に必ず礼の電話が入るなど女性らしいこころ遣いがある。

辻清人候補の場合、各社の世論調査を見ても拮抗していて、最後まで厳しい状況が続いている。希望の党は小池人気がすっかり薄れ、その上候補者がお粗末でもはや敵ではないが、相手は立憲民主党の候補者だ。小池氏の「排除の論理」ですっかり同情論が広がり、枝野代表の人気が沸騰、野党第一党になるかと言われている。この出来立ての党はリベラル派といわれて、自由主義かと錯覚されがちだが、旧来からの完全な左派で、共産党が候補者を下してまで応援しているのだから、むしろその同列と見ていい。ここを有権者に知ってもらうことが大事なのだ。

2区の立憲民主党の候補者は、新人で別に演説会を開くわけでもなく、地元を回るかぎり派手な動きは見られない。しかし、何故かマスコミ上は支持率が高く激しく競り合っているという。「風」というのは恐ろしいもので、こんな「風」に振り回されて万が一のことがあったら、政治にとって完全なマイナスである。北朝鮮の脅威が続くなか、自公連立の安定した政権こそ必要で、このことを終わりまで必死に訴えていきたいと思っている。

投票日は台風前日、保守系有権者は雨に弱いといわれる。何とか皆で投票に行って欲しい。「刻苦光明」・・・この言葉を信じて果報を待ちたい。



第738回「純な、晴れやかなことば」

 深谷隆司の言いたい放題第738回

 「純な、晴れやかなことば」


劇団を指揮し、「ゴロゴロ会館」などで、かつての浅草で流行った昔風の芝居を演出興行する友人がいる。私が書いた「本当はすごい日本人(幻冬社)」を贈ったら、いかにも書きなれた、齢を感じる素敵な文字で早速丁寧な手紙を送ってくれた。

「本当はすごい日本人」拝読しました。日本人の精神史として理解しました。鉄道の線路の図のようにシロとクロが継っているように、歴史のなかで知らなかったことと知っていることが交錯しています。それをきちんと整理されて、知らない事やおぼろに記憶していたことが判って、はじめて輪郭がはっきりしました。深谷さんの宇宙は、こうした歴史を紡ぐ作業をされて構築していったものと理解しました。

小学校四年の私は田舎の学校で、当時東京から来た(疎開された)国語の先生に、日本人はこうなんだと力説されたことを詳細に記憶していますが、それこそ深谷さんが力説されている日本人の精神力の美しさを憧憬をもって説いてくれ、私はひどく感動したものでした。

あれ以来、日本人の素晴らしさを説く人に出会ったことがありません。純な、そして晴れやかなことばに、久しぶりに出会いました。ありがとうございました。

前文は省略したが、学童疎開で行った信州湯田中でのこと、昭和20年大空襲の凄まじい戦争のことなどが瀟洒な文で書かれていた。

同世代の友人たちは、一人ずつ欠けていくようにこの世を去っているが、この手紙を読みながら、過ぎ去った時代を振り返り、共通の思いを抱いている友人の心を感じ、思わず胸が熱くなった。


今日(1017日)の新聞を見ると各社とも「自民党は300議席をうかがう」など、威勢のいい記事が躍っている。衆議院の終盤情勢の調査の結果だが、われわれにとって決して嬉しい記事とはいえない。「褒め殺し」ではないが、投票前のこんな予想は迷惑千万で、逆に支持が退いてしまうおそれが出て、かえって心配が募るばかりなのだ。

「希望の党」は小池知事の無責任な言動で急速にしぼんでいることは確かだが、一方で「立憲民主党」が同情票を集めて野党第一党かと言われている。

私の地元で辻清人候補が頑張っているが、ここでは共産党と組んだ立憲民主党の候補が侮れない動きになっている。希望の党の反自民の層があちらに流れているとも言われていて、油断ならない。

北朝鮮の脅威など、日本の安全が脅かされている時、リベラルとは名ばかりの共産主義勢力に負けてはならない。

自公連立の安定した政権をしっかり構築すること以外に、日本の安全は守れない。

自民党都連の選対総本部長として全都の選挙の指揮をとりつつ、地元の2区辻清人候補、14区の松島みどり候補の当選のために、今必死の努力を重ねている。

連日、多くの聴衆に囲まれながら、純な、晴れやかなことばを意識しつつ、獅子吼している82歳なのである。



   1 2 3 4 5..  次の3件>>