第876回「よみがえる一家団欒」

 深谷隆司の言いたい放題第876回

 「よみがえる一家団欒」

 このところコロナ騒ぎで自粛一点張り、家族で集まってにぎやかにやることはいけないようなイメージが続いた。

 緊急事態宣言が出されている今、不要不急な外出は勿論論外だが、まあちょっと家族だけでと、自宅で孫の誕生会を25日、ささやかに行った。みんな元気で安心した。

 丁度彼が生まれた翌日に私は杏林大学病院で大腸がんの手術をした。新しい孫が生まれるというので、手術目前の私が放置され、みんなが孫のところに駆け付けた。だから私にとって強い印象が残っている。もっとも、何時がんの手術を受けたかと振り返った時、孫の歳を数えればいいのだからこれは好都合である。

 相変わらず新型コロナの猛威は世界的に続いている。アメリカの死者数は40万人を超えたが、これは第2次世界大戦の折の米軍死者と同数、まさにコロナ戦争と言うべきか。

 都内感染者は、昨日(24日)986人で12日ぶりに3桁、25日は618人。都庁関係者は「緊急事態宣言の効果が表れているという印象がある」と言っていた。少し安心した風情だが、土曜、日曜は一般的に少ないのだから安心はできない。

 麻生財務大臣が記者の質問に答えて「これ以上10万円を給付することはない。後世の人たちに借金を残すわけにいかない」と発言したことで一部大騒ぎになっている。

 私が連載を書いている月刊誌「Hanada」が丁度届いたが、今月のテーマは「麻生さんと二階さん」。

文中で「麻生さんは失言などと批判を浴びるが、よく聞くとどれも本質をついていて正論であることが多い」と私は書いている。

 一体、この国のお金は大丈夫かと私は最近特に心配になっている。新型コロナウイルス感染者が神奈川で確認されてからこの1月16日で丸1年がたった。

 緊急事態宣言が出された時、当時の安倍政権は「収入が大きく下がった世帯に限って30万円を支給する」と発表し激しい批判を招いた。政府はこれを撤回して「全国民への一律10万円給付」に切り替えた。給付金に必要な予算額は4兆円から12兆円にハネ上がった。

 総計63万もの事業所・企業・店舗を抱える東京都も、休業に応じた事業者に、最大100万円の協力金を支給した。都の昨年度予算はコロナ対策費用だけで1兆円にのぼり、内8300億円を、都の「貯蓄」にあたる財政調整基金の9割を取り崩してしまった。

 100年に一度の緊急事態、そんな声に煽られて政府は20年度補正予算と21年度予算案を合わせて「15か月予算」と位置付け、多額のコロナ対策費を計上した。

 事業者支援のための持続化給付金の財源として5兆3000億円、PCR検査の拡充やワクチン接種などに4兆3581億円、コロナ予備費として5兆円、「ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環」に11兆6766億円、国土強靭化に3兆1414億円と、未曽有の規模になっている。

 コロナ対策に終始した20年度の歳出総額は175兆7000億円。その6割以上にあたる112兆円が新規国債、つまり借金として賄われている。これはリーマンショックに見舞われた09年度の倍以上で過去最大の国債発行額だ。日本は今や国の予算の4割をコロナに割くようになっている。

 今回の感染再拡大で、夜8時までの時短営業要請に応じた飲食店に支払われる1日最大6万円、月に最大186万円の「感染拡大防止協力金」である。コロナ前の売り上げが1日2〜3万円の飲食店など協力金で丸儲けだ。

 卸売業者、酒屋、おしぼりや、など飲食店の取引先・・これらにも給付金だ。これでは国は潰れる。

 償還期限1年の短期国債に頼るようになったことも問題。日本の財政には「借金を返すための借金」で「借換債」があるが自転車操業に陥っていて、まさに麻生さんの言うことが正論なのである。



第875回「どうなる、日本列島」

 深谷隆司の言いたい放題第875回

 「どうなる、日本列島」

 最近の日本列島、一体どうなっているのか。

 1月8日、四都県緊急事態宣言発出、特に限定的、集中的対策として飲食店の午後8時までの時間短縮要請が行われた。飲食店側が二度目の短縮要請で厳しい状況になる様子を思うと、気の毒でならない。

 一番大切なのは、人が密にならないことなのだが、テレビのニュースを見ていると、国民の反応は全く鈍くて、街の人の流れはほとんど変わっていないという。前回の緊急事態宣言でマヒしたのか、もしかしたら、飲食店の時間短縮を勘違いして、それ以外の時間は制限されていないとでも思っているのか。

 それにしても、相変わらず小池知事のパフォーマンスぶりは変わっていない。何度も総理に面会を求めては、無理な注文をする。あきられると、神奈川県知事や千葉県知事、埼玉県知事らメンバーを同行する。東京都のテレビCMには何度も出演、これでもかこれでもかと都民の税金を使って露出度を増している。もしや今年予定の都議会選挙に向けて、夢をもう一度の「小池旋風」狙いか。都民の深刻なコロナ感染拡大を利用しているようで不快である。

 菅総理は、こうした知事の動きや、これに便乗したテレビに応じるように、次々と遅まきながら対応するようになった。

 実際、国を預かる代表としては、感染症対策と、更に大事な経済対策を行わなければならない。この二律背反のテーマを公平にやろうとすると大いに時間がかかる。国民はもっと理解と協力をすべきではないか。

 特措法の改正で罰則規定を盛り込もうとの動きが国会で出ている。コロナ制圧のためには、ある程度の人権制限など相当厳しい状況をつくり出す必要がある。しかしそのためには、法律上の根拠が必要で、憲法に緊急事態条項が無い現在ではやりようがない。かつて小池知事がロックダウンの要請まで行ったが、本気なら憲法の一部改正に触れなければならない。憲法に70年以上も一切手も触れない、神聖化している国は日本しかない。厳しくやれというなら、違法にならないよう、条項を加える必要がある。一部に「憲法改正」に触れたくないからとの声があるが、これは一般的にいう「憲法改正」ではないのだ。

 政府は感染拡大している大阪、京都、兵庫の三府県と愛知、岐阜、福岡、栃木県について緊急事態宣言の対象に加える方針を固めた。今後も更に対象地域とするよう求める自治体も増えそうだ。五月雨式に対象を拡大するのではなく、一気に広げるように求める声もあるが、政府は慎重姿勢を崩していない。しかし、発令の時期と範囲指定の権限は首相一人にある。必要とあれば、自治体の要請や分科会の開催を待つ必要はない。その強大な権限を行うには、相当な覚悟が求められる。

 月刊誌「Hanada」の次号の私の連載は、「麻生さんと二階さん」だが、そこに「大長老として菅さんを選んだのだから、責任をもって支えるように」と一文を加えた。是非、この最長老の意見も聞いて、国民の意識を変えるよう強いリーダーシップを発揮してもらいたいものである。


第874回「謹賀新春」

 深谷隆司の言いたい放題第874回

 「謹賀新春」

 新しい年を如何お迎えでしょうか。心よりご自愛ご多幸をお祈りいたします。

 おかげさまで私達一家も元気に新しい年を迎えることが出来ました。昨年末は両親の墓参りを済ませ、箱根神社、九頭龍様の参拝、浅草寺は連日欠かさずお参りしています。これも神仏のご加護のお陰と思っています。

 今年はどんな年になるのでしょうか。コロナ騒ぎは春までは続きそうだし、オリンピックは開催できるのか、何よりも衆議院、都議会選挙が行われる年ですから、なかなか厳しく波乱万丈の年となりそうです。しかし、どんな時でも「負けてたまるか」の気概を持って前進を続けたいと決意も新たにしています。

 自民党政経塾、温故知新塾も相変わらず満員盛況で、若い人を育てることは私のライフワークと心得ています。

 新しい仕事として、先月から月刊誌Hanadaの連載「一言九鼎」が始まりましたが、編集者の沼尻氏から「非常に評判が良く、読者から深谷さんが今政治家だったらいいのに」との声が寄せられたと連絡がありました。うれしい限りで、毎号真摯に語りつくしていきたいと思っています。

 徳真会の松村会長から、4枚の大きな絵の依頼がありました。春夏秋冬の日本の風景を「言葉も添えて」描いて欲しいとのこと、また私の作品が残るかと思うとこれもありがたいことのひとつです。

 いつも寄り添ってくれる家族、常に支えてくれる友人達に囲まれて、私は最高の果報者です。

 馬齢を重ねましたが心は常に青春、一層健康に留意し、与えられた役割を今年もきちんと果たしていきたいと思っています。

 皆様のご健勝をお祈りし、令和3年、新春のご挨拶といたします。    深 谷 隆 司 85翁



   1 2 3 4 5..  次の3件>>